知的財産活動

知的財産活動に関する方針

太陽誘電は、保有する知的財産権を適切に利用しその権利化および権利の維持に努め、第三者の知的財産権を尊重することを知的財産活動の基本方針として、太陽誘電グループ行動規範に則り知的財産権の保護・活用に取り組んでいます。

知的財産権の保護に関する活動

他社に先駆けた研究開発活動を推進し、その成果を確固たる知的財産権として獲得するために、知的財産部門では研究開発の初期段階から研究開発・技術部門と密接に連携した活動を推進しています。また、知的財産の創造・保護・活用をそれぞれの事業に最適化された独自のマネジメント手法で運用しています。

知的財産権の活用に関する活動

太陽誘電の知的財産ポートフォリオは、研究開発、M&A、ライセンス、アライアンスなど様々な局面で活用されています。

模倣品対策

太陽誘電では、模倣品の拡大は顧客の信頼を失い自社のビジネスチャンスを失うものとして捉え、中国などのアジア圏を中心に、模倣品市場が拡大しないよう、「太陽誘電」及び「TAIYO YUDEN」のブランドを無断で使用する者に対する権利行使活動を積極的に推進しています。