用語解説

用語解説

あ行

ISO14001 国際標準化機構(International Organization for Standardization)が発行する環境マネジメントシステムの国際規格。企業活動にともなう環境影響を継続的に改善するためのシステムについて、必要な事項を定めたもの
ISO9001 国際標準化機構が発行する品質マネジメントシステムの国際規格。安定した品質の製品やサービスを提供し、顧客満足の向上や継続的改善に取り組むためのシステムについて、必要な事項を定めたもの
インダクタ コイルとも呼ばれる受動部品で、使用用途によって主に大きく電源系と信号系の二種類に分類される。電源系は電源回路においてノイズ抑制を目的として使用され、信号系は電気信号を伝える回路においてフィルタ用途として使用される
OHSAS18001 Occupational Health and Safety Assessment Seriesの略で、1999年、BSI(英国)が事務局となりいくつかの認証機関が共同で開発した労働安全衛生マネジメントシステムの規格
温室効果ガス 大気中に存在し、太陽からの熱を封じ込め地球の温度を保つ働きをしているガス。二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、亜酸化窒素(N2O)、フロンなど。近年、この温室効果ガスの大気中濃度が上昇し、地球温暖化の原因となっている

か行

強度率 1,000延べ実労働時間あたりの延べ労働損失日数(災害による休業日数)で、 災害の重さ(大きさ)の程度を表す
[強度率] = [延べ労働損失日数] ÷ [延べ実労働時間] ×1,000
グリーン調達 企業が自主的に環境に与える影響のできるだけ少ない部材を選択し、調達すること
KYT 危険のK、予知のY、訓練(トレーニング)のTをとったもので、作業や職場にひそむ危険を予想し解決する訓練のこと
5S 整理・整頓・清掃・清潔・躾の頭文字Sをとったもの。職場における安全衛生の基本とされている
コンデンサ 日本語では「蓄電器」、つまり電気を蓄える器をさす。電気を蓄え、必要に応じて蓄えた電気を放出する働きをもつ電子部品
コンプライアンス 法令順守。特に、企業活動において社会規範に反することなく、公正・公平に業務遂行することをいう
コンプレッサー 空気など気体を圧縮する機械

さ行

再資源化 発生した廃棄物を外部業者によって最終処分せず、リサイクルまたはリユースすることで資源を循環すること
CSR
(Corporate Social Responsibility)
日本では「企業の社会的責任」と訳される。CSRに世界共通の定義はないが、概ね企業が経済・環境・社会などの幅広い分野における責任を果たすことにより、企業自身の持続的な発展を目指す取組みのことであると考えられている
SCOPE1 事業者自らによる温室効果ガスの直接排出
SCOPE2 他人から供給された電気、熱・蒸気の使用に伴う間接排出
SCOPE3 SCOPE2 以外の間接排出(事業者の活動に関連する他者の排出)
ステークホルダー 企業に対して利害関係をもつ人。従業員・消費者・取引先・株主・地域社会など
製品アセスメント 製品の品質・機能・環境・安全について設計・開発段階で評価すること
生物多様性 地球上にいろいろな生物が存在し、それらが支え合って生態系のバランスが保たれている状態のこと
ゼロエミッション 廃棄物を徹底分別しリサイクルを促進することで、焼却や単純埋立てによって最終処分する産業廃棄物をなくすこと

た行

THP
(Total Health Promotion Plan)
トータル・ヘルス・プロモーション・プランの略。労働安全衛生法に基づいた職場における労働者の健康保持増進のための指針による、企業で働く人を対象とした心とからだの健康づくりのための活動
TS16949 品質マネジメントシステムの国際標準規格であるISO9001に、自動車産業向けの固有要求事項を付加した規格
度数率 100万延べ実労働時間あたりの労働災害による休業1日以上の死傷者数で、災害発生の頻度を表す
[度数率] = [労働災害による死傷者数] ÷ [延べ実労働時間] ×1,000,000

は行

ハザード 事故を引き起こす可能性のある環境条件、危険源
PRTR法 化学物質排出把握管理促進法。有害性のある化学物質について、環境中への排出量および廃棄物に含まれての移動量を事業者が行政庁に報告し、行政庁が集計・公表する制度(Pollutant Release and Transfer Register:化学物質排出移動量届出制度)を定めた法律
PDCAサイクル Plan(計画)→Do(実施)→Check(確認)→Action(見直し)を循環しながら品質の維持・向上や環境の継続的改善を目指す活動。品質管理の父といわれたデミング博士が体系化したことから、デミングサイクルとも呼ばれる
VOC Volatile Organic Compoundsの略語で、常温常圧で蒸発し空気中に容易に揮発する有機化合物質の総称。日本語名称は、揮発性有機化合物
フェライト フェライトとは磁性をもつ金属酸化物の総称で、微少な磁場によって磁化するソフトフェライトと強磁場が加わることで永久磁石となるハードフェライトに分けられる。ソフトフェライトはトランス(変圧器)やインダクタのコア(磁心)などに、ハードフェライトはスピーカーやモーターなどに使用される

ま行

マテリアルバランス 物質収支のこと。事業を行う上でのインプット(原材料・エネルギー)とアウトプット(製品・廃棄物・排出物)を数値で表したもの
マネジメントシステム マネジメントシステムとは、組織の方針、手段およびプロセスを管理し、継続的に改善するための仕組み
モジュール エレクトロニクス分野では、基板にコンデンサ・コイル・抵抗といった受動素子と、半導体やICなどの能動素子を搭載し、特定の回路機能を発揮する部品のこと

ら行

リスクマネジメント 損失の危険を組織的に管理し、危険源や損失を回避または低減するための経営管理手法
RoHS Restriction of the use of certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipmentの略で、EUが定めた電気・電子機器における特定有害物質の使用制限に関する規定。2006年7月から販売される製品への水銀、カドミウム、鉛、六価クロム、PBB(ポリ臭化ビフェニル)、PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)の使用が禁止される。2003年2月発効