安全・環境マネジメントシステム

安全・環境マネジメントシステムの構築により、
グループ全体の意思統一を図った活動を行っています。

システムの概要

このマネジメントシステムは、大きなPDCAサイクルと小さなPDCAサイクルで構成されています。
大きなPDCAサイクルでは、共通の目標・基準を設定し、サイト監査や拠点からの報告により実施状況を確認し、マネジメントシステムのレビューを行い、継続的改善を図っています。
小さなPDCAサイクルでは、ISO14001およびOHSAS18001に準拠したマネジメントシステムを拠点ごとに構築し活動を行っています。

推進体制

社長から任命される安全・環境担当役員を太陽誘電グループ全体の統括責任者とし、安全・環境マネジメントシステムの推進体制を構築し、運用しています。
「グループ安全・環境会議」「TGS委員会」「省エネ・省資源委員会」の各会議体で、方針や取り組むべき課題を協議、決定しています。この決定事項を、拠点の責任者が具体化し、拠点内に伝達・徹底、推進しています。

マネジメントシステム認証取得状況

太陽誘電グループは、生産拠点および開発拠点でISO14001の認証を取得、一部を除きOHSAS18001の認証を取得しています。

認証取得一覧

安全・環境活動の歴史