太陽光発電には、見つけにくい「故障」と「損失」があります。 故障・異常の早期発見 「PV無線ストリング監視システム solmiv(TM)」発電電力の損失を防ぐ 「PVマイクロコンバータ solhueru(TM)」

現在の太陽光発電システムの大きな課題は、ソーラーパネル(PVモジュール)の一部が故障・不具合を起こしたり、日影になったりすると、他のPVモジュールが引きずられるように、発電量が低下してしまうことです。
しかも、故障・不具合は定期点検まで見つけにくいことが現状のシステムの課題です。

発電事業としての太陽光市場が急拡大しています。太陽光発電は、ソーラーパネル(PVモジュール)の発電効率に注目が集まりがちですが、発電量の効率は、ごく一部のPVモジュールの故障、設備の不具合、PVモジュールに影を落とす障害物(電線、木など)によって大きく左右されることをご存知ですか。
何百枚、何千枚とあるPVモジュールのごく一部の故障や不具合によって、発電量が大きく低下しています。
発電ロスの削減は投資回収の重要なポイント。不具合をいち早く発見し、電力低下を最小限に抑えることが大切です。
太陽誘電では、メガソーラーをはじめとする太陽光発電の、故障・異常の早期発見を実現する「PV無線ストリング監視システム"solmivTM"(ソルミーヴ)」と発電電力の損失を防ぐ「PVマイクロコンバータ"solhueruTM"(ソルフェル)」の2つのソリューションをご提案します。

投資回収の重要ポイント
商品・技術のお問い合わせはこちらへ

ご相談・お問い合わせはPV無線ストリング監視システム「マイクロコンバータ」MPPT制御

採用実績
Wireless Sensor Network