TAIYO YUDEN

健康経営活動

太陽誘電グループは、従業員が心身ともに健やかに働くことができる職場づくりに継続して取り組み、組織の活力や生産性を向上をさせ、企業価値向上へつなげます。

太陽誘電グループ健康経営宣言

経営理念のひとつである「従業員の幸福」の実現に向け、従業員一人ひとりがやりがい、働きがいを感じながらそれぞれの個性や持てる能力を十分に発揮し、活気ある職場づくりを行なうためには、「従業員の心身の健康」が重要な経営課題であると考えています。

上記に向け、従業員及びその家族が豊かで充実した生活を送ることのできるよう、組織的な推進体制を通じて健康増進支援と健康意識向上を図っていきます。

2019年3月
健康管理最高責任者 登坂正一

健康経営推進体制

太陽誘電グループは健康経営を推進させるため、新たに健康管理最高責任者(CHO:Chief Healthcare Officer、登坂 正一)を任命、また、施策立案及び実行推進の中枢機能として「健康推進委員会」を設置しています。具体的なアクション・プロセスは現場の実情にあった施策が望ましいことから、各拠点に設置する「健康づくり推進会議」において決定し、その進捗状況を確認します。

健康支援中期計画

太陽誘電グループは健康支援中期計画を策定し、従業員の健康増進をより一層進めていきます。

生活習慣病の疾病リスク低減

  • 社内禁煙化
  • 食習慣の改善
  • 運動習慣の定着化
  • 重症化予防対策
  • 扶養家族健診受診率向上

メンタル不調リスクの改善

  • 高ストレス職場サポート
  • 発症予防活動

健康経営推進体制の構築