TAIYO YUDEN

責任ある鉱物リスクに関する連絡窓口

太陽誘電は、企業の社会的責任 (CSR) の一環として紛争鉱物に関する問題に取り組んでおります。経済協力開発機構(OECD)が発行している「紛争地域および高リスク地域からの鉱物の責任あるサプライチェーンのためのデュー・ディリジェンス・ガイダンス」では、紛争鉱物に関する苦情処理メカニズムを構築することを奨励しており、太陽誘電はこの趣旨に沿った取組みを実施します。

太陽誘電製品のサプライチェーンに関連して、紛争鉱物(スズ、タンタル、タングステン、金)の採掘、取引、取扱い、輸出をめぐる具体的な懸念や情報がございましたら、本ページより太陽誘電にご連絡いただけます。

太陽誘電は、ご連絡いただいた情報につき確認を行い、必要な場合には太陽誘電の「責任ある鉱物調達方針」に基づき対処致します。

【注意事項】

  • 内容の確認などに備え、なるべくご連絡先をご記入ください。
  • ご連絡いただいた情報の取り扱いにつきましては、個別にご報告は致しませんので、予めご了承ください。但し、太陽誘電が必要と判断した場合は、この限りではありません。
  • 太陽誘電グループより購入した製品に関する紛争鉱物調査につきましては、営業担当者にご連絡ください。

連絡窓口に進む