TAIYO YUDEN

ダイバーシティ推進活動

太陽誘電は、従業員の多様性、人格、個性を尊重するとともに、あらゆる差別がない職場環境を確保することを「CSR行動規範」に定め、その考え方に基づき人材の採用、育成、配置、活用を進めます。また、育児・介護休業制度や就業緩和措置、子供・家族の看護休暇制度等、従業員が能力を十分に発揮できる職場環境を整備し、グループ全体として女性やローカル人材の積極的な活用・登用を進めます。

女性活躍推進に対する取組み

太陽誘電は、多くの意欲ある女性が活躍できる雇用環境整備を行うため、以下の行動計画を策定し実行してまいります。
また下記の通り、女性の活躍に関する情報を公表致します。

女性活躍推進行動計画

太陽誘電株式会社は、多くの意欲ある女性が活躍できる雇用環境整備を行なうため、次の行動計画を策定する。

  • 1. 計画期間:平成28年4月1日 ~ 平成31年3月31日

  • 2. 当社の課題:

    ① 女性の採用比率、社員比率を高めていく必要がある。

    ② 管理職・監督職に占める女性比率を高めていくための計画的育成・登用が必要がある。

  • 3. 目標と取組み内容、実施時期

    目標1:女性の新卒採用比率30%(平成30年度)

    <取組み内容>

    ● 平成28年4月~
    採用説明会、HP、パンフ等での女性向けプレゼン実施
    ● 平成28年12月~
    女子学生向けセミナー等への積極参加
    ● 平成29年4月~
    インターンシップでの女性の積極受け入れ
  • 目標2:女性の活躍推進に向けた環境整備

    <取組み内容>

    ● 平成28年上期
    女性育成と活躍を目的とした教育プログラムの策定
    ● 平成28年下期
    上記教育の実施①(本人:監督職対象、上司:管理職対象)
    ● 平成29年~
    上記教育の実施②(本人:準監督職対象、上司:監督職対象)

女性の活躍に関する情報

採用状況

女性採用数は、男性に比較して絶対数が少ない。特に、大卒・院卒の採用に占める女性比率が極端に少ない傾向が顕著であり、これについては、技術系女子の絶対数不足が主要因と想定している。

社員構成

社員に占める女性比率は19%であり、男性社員に比較して大幅に少ない。また、女性社員における監督職・管理職の占有率は6%と、男性社員の57%と比較して大きな差異があり、女性の育成・登用がなかなか進んでいない状況となっている。女性社員の絶対数の不足、及び女性活躍に対する本人・会社(上司)の意欲喚起不足が主要因と想定しており、改善を進めていく。(2014年度データ)

平均勤続年数

平均勤続年数については、男女間での大きな相違はない。
(男性17.3年、女性18.2年 : 2014年度データ)

月平均残業時間

一般社員の月平均残業時間実績は、男女間で差異が大きい。これについては、製造部門の勤務シフトの影響が主要因と想定している。一方、監督職の月平均残業時間については、一般社員ほどの極端な相違は解消され、差異が小さくなっている。 (2014年度データ)