TAIYO YUDEN

地球温暖化

事業活動を通じて排出している温室効果ガス(GHG)には、エネルギー使用による直接排出(SCOPE1)、
エネルギー使用による間接排出(SCOPE2)、エネルギー使用以外の間接排出(SCOPE3)があります。
GHG排出量は測定できないため、エネルギー使用量の管理および削減に取り組んでいます。

GHG/エネルギー削減の取組み成果

2018年度のGHG排出量は、グループ全体で2017年度から3千t-CO2e減少しました。内訳では、国内拠点が2017年度の194千t-CO2eから188千t-CO2eに減少、海外拠点は2017年度の303千t-CO2eから306千t-CO2eに増加となっています(G1参照)。
エネルギー使用量は、グループ全体で2017年度から3千kL増加しました。内訳では、国内拠点が2017年度の94千kLから95千kLに増加、海外拠点は2017年度の129千kLから131千kLに増加となっています(G2参照)。
使用しているエネルギーの内訳は、SCOPE2が92%、SCOPE1が8%となっています(G3参照)。
環境中期目標のエネルギー使用量原単位は、2016-2018年度平均で19.8%向上しています(G4参照)。
今後も引き続き、主力製品を中心に生産工程を見直し、より一層生産効率を向上させ、エネルギー使用量を削減していきます。

  • GHGは換算係数の変化による影響が大きいため、取組み成果が見えるエネルギー使用量(原油換算)で環境中期目標を設定しています。
  • GHG排出量は、GHGプロトコルの係数(電力は各国別)を使用し算出しています。
  • 国内GHG排出量は、電気のCO2換算係数の見直しを行い修正しました。

G1:GHG排出量(エネルギー使用量から算出)

G2:エネルギー使用量(原油換算)

G3:使用エネルギーの内訳(原油換算)

G4:エネルギー使用量原単位(目標に対する実績)

エネルギー使用以外の間接排出(SCOPE3)の取組み

近年、ステークホルダーからSCOPE1、SCOPE2に加え、SCOPE3の情報開示を求める動きが高まってきています。このような要求に基づき、SCOPE3の把握に努めています。
2018年度の購入した物品・サービスに伴うGHG排出量は、345千t-CO2e(グループ全体)、従業員の通勤に伴うGHG排出量は7,608t-CO2e(国内拠点)、出張に伴うGHG排出量は462t-CO2e(国内拠点)、廃棄物の廃棄・処理に伴うGHG排出量は5,651t-CO2e(国内拠点)、製品の輸送に伴うGHG排出量は39,517t-CO2e(グループ全体)になります。