TAIYO YUDEN

資材調達活動

お取引にあたり

昨今、企業に対して、高い道徳観、倫理観に基づく社会的良識をもって事業活動を行うことが国際的に強く求められています。太陽誘電グループ(以下「当社グループ」という)としても「社会から信頼され、愛されるために、人権を尊重し、あらゆる法令や国際ルール及びその精神を順守するとともに、高い道徳観、倫理観に基づき、社会的良識をもって行動します」という社会的責任に関する憲章を掲げ、CSR (Corporate Social Responsibility) 活動を推進しています。

このCSR活動の推進は、当社グループが調達する部品・材料・機械等の製品及び技術・サービス等(以下「資材」という)の購入先様のみならず、全てのお取引先様を含めたサプライチェーン全体で取り組むことが求められています。

かかる状況において、「太陽誘電グループの基本方針」として太陽誘電グループのCSR調達の考え方を、「購入先様へのお願い」として購入先様に最低限順守いただきたい事項を記述しております。
購入先様におかれましては、その主旨をご理解いただき、ご賛同の上、実践して頂きます様、実践をお願い致します。

太陽誘電グループの資材調達基本方針

グローバル調達

調達先を国内外に広く求め、常に製品のニーズに最適な部品・材料・技術・機械等の製品及び技術・サービスの調達を行います。

公平・公正な取引

購買取引の機会を国内外に対して公平に開放し、法律・倫理を遵順守した公正な調達を行います。

相互信頼・CSR

CSRマネジメントに取り組み、資材取引において良きパートナーシップを確立し、相互の信頼と発展を目指します。

資材調達の原則

  1. 公平な参入機会・公正な調達
    倫理に基づいた公正な調達を行います。
    取引を希望する購入先様には、真摯に対応し、公平な評価基準により選定を行います。また、選定から外れた購入先様に対しては、要請があれば可能な限り理由を開示致します。
  2. 資材調達の明示
    「資材調達基本方針」「資材調達の原則」「新規取引先の登録手続き」「発注から支払いまでの諸手続き」「担当窓口」を対外的に明示致します。
  3. 資材調達(購買)基本契約・機密情報の管理
    資材調達は原則として、文書による契約に基づき行い、契約に明示された通り、業務上知り得た機密情報は、厳格に管理致します。
  4. 法律の順守
    資材調達に関係する各種法律を順守します。意図的に特定の購入先様が不利となる交渉や、優先的地位の濫用、その他不正な取引制限や不公正な取引方法に該当する行為およびその疑いを生ずる一切の行為は行いません。
  5. 環境保全
    部品・材料・サービスを調達するにあたり、環境保全の視点も重視して「グリーン調達」を積極的に進めます。

購入先様へのお願い

太陽誘電グループのCSR憲章

当社グループは、社会的責任に関する憲章(CSR憲章)及びこれを従業員が順守するための具体的な行動指針(CSR行動規範)を制定しております。
購入先様におかれましては、当社グループの CSR憲章・CSR行動規範 をご確認頂き、ご理解をお願い致します。

EICC®行動規範の遵守

購入先様のすべての事業活動において、 EICC®行動規範(英語名:Electronic Industry Citizenship Coalition ® Code of conduct) の順守をお願い致します。
購入先様のサプライチェーン(少なくとも一次サプライヤー)に対し、EICC®行動規範の順守を要請するとともに、順守状況のご確認をお願い致します。
また、EICC®行動規範を順守し、継続的改善を促進するための管理システム構築をお願い致します。

法令・社会規範の遵守

購入先様が事業活動を行うすべての国・地域において適用される法令・規制・社会規範等(以下「法令等」という)の順守をお願い致します。かかる法令等のうち主要なものを以下に例示致します。

  1. 労働関連法、安全衛生に関する法令、環境に関する法令、下請取引に関する法令、独占禁止法、知的財産権に関する法令、輸出入・安全保障に関する法令、情報保護・開示に関する法令、製品安全性に関する法令、反社会的勢力排除に関する法令および会社法。
  2. 児童労働・強制労働の禁止、ならびに雇用の自主性を確保する法令等。
  3. 虐待や嫌がらせ、非人道的な扱いのない職場環境の整備に関する法令等。
  4. 人種、性別などによる差別の禁止、従業員個人の尊厳の尊重に関する法令等。
  5. 安全で清潔な作業環境の実現に関する法令等。
  6. 労働災害・労働疾病の予防・管理、緊急時の対応策準備に関する法令等。
  7. 贈収賄、不公正な行為の禁止に関する法令等。
  8. 不正行為を予防・早期発見するための仕組み作りに関する法令等。
  9. 反社会的勢力(個人・団体)との関係の断絶に関する法令等。
  10. 従業員の結社の自由を尊重する法令等。

上記の法令等の遵守に当たっては、法令等に準じた社内ルールを制定し従業員に通達することならびに従業員およびその結社との話合いに応じること等も併せて、ご対応をお願い致します。

米国金融規制改革法 紛争鉱物注1 条項への対応

当社グループは、購入先様から納入して頂く資材について、米国金融規制改革法(Dodd-Frank Wall Street Reform and Consumer Protection Act)第1502条の趣旨に基づき、当該紛争に関わらない調達を目指します。また、購入先様に対して、弊社グループの方針をご理解頂き、調達に関わる調査へのご協力をお願いすると共に、CFSI注3 で確立された紛争フリー製錬所プログラムに準拠した製錬所、または、その他の信頼のおける利用可能な国際的枠組みにおいて、紛争に加担していないと認定された製錬所からの調達を要請致します。
弊社顧客に対しては、当該調査内容注2 を開示致します。

注1:紛争鉱物=タンタル、錫、タングステン、金またはこれらの派生物。
注2:『CFSI紛争鉱物報告テンプレート』を用いて調査した内容です。
注3: CFSI=Conflict-Free Sourcing Initiative

太陽誘電グループ紛争鉱物に関するポリシー

報復の禁止

従業員が報復の恐れを感じることなく、CSR活動推進における懸念事項を表明できるコミュニケーションプロセスの構築並びに維持をお願い致します。

情報管理

  1. 当社から購入先様に提供する情報の中には、当社の秘密情報も含まれます。入手された情報の適切な管理、秘密情報流出防止の徹底をお願い致します。
  2. コンピュータ・ネットワークの脅威に対する防御対策の実施をお願い致します。
  3. 事業に関わるすべての個人情報の扱いは、プライバシーと情報セキュリティーに関する法令と規制の要件に従う様、お願い致します。

健全な事業経営の推進と情報開示

  1. 当社とのパートナーシップ構築の為、健全な事業経営の推進をお願い致します。業務上の取引はすべて、透明性をもって行い、会計帳簿等は正確に記録する様、お願い致します。
  2. 購入先様が納入される資材に関する正確な情報を提供と、法令及び社会的要請(例:紛争鉱物、REACH、化学物質審査規制法(化審法)、税関要求等)に基づく情報の開示をお願い致します。
  3. 購入先様における経営状況(決算報告書等)や事業概要について、定期的な情報開示をお願い致します。

輸出管理/該非判定へのご協力

当社はグローバルな事業展開を行なっているため、購入先様から納入していただく資材を太陽誘電グループの自国外拠点向けに輸出する場合があります。
外国為替及び外国貿易法(以下「外為法」)を順守するため、当社の製品、技術および自国外拠点向け資材を日本から輸出する際には、外為法における規制対象か否かの該非判定を行い、関係行政機関の許可が必要なものは許可証を取得した後に輸出しています。

購入先様から納入していただく資材が「輸出令別表第1」、「輸出令別表第2」、「外為令別表」、あるいは米国産品または米国の技術を使用した製品についての「米国輸出規制 (EAR)」の判定対象である場合は、該当・非該当にかかわらず、その旨をご連絡ください。
該非判定の結果、該当の場合には、当社が指定する必要書類(該非判定書・パラメータシート等)のご提出をお願い致します。

環境への配慮

環境の保全活動及び環境マネジメントを積極的に推進し、環境に配慮した資材のご提供をお願い致します。

  1. 「ISO14001」に準拠した環境保全活動へのご協力
    当社グループは、国際規格である「ISO14001」に準拠したマメジメントシステムを整備・認証取得し、当社グループの意志統一を図り、環境保全活動に取り組んでいます。購入先様におかれましても、「ISO14001」に準拠したマネジメントシステムを整備し、環境保全活動の推進をお願い致します。
  2. グリーン調達へのご協力
    当社グループは、環境保全活動の最重点課題の一つとして「環境負荷の少ない商品の提供」を推進しています。その実現のためには商品を構成する材料・部品等、あるいはそれらの製造過程において環境に影響の少ない資材の調達が不可欠です。
    環境に対する配慮の行き届いた購入先様から環境負荷の少ない資材を優先的に調達します。
    そのため、当社グループが調達する資材に関して、最低限順守して頂きたい基準として「グリーン調達基準」を別途定めております。グリーン調達基準のご確認・順守をお願い致します。
    また、当社に納入する資材について、グリーン調達基準に定める必要書類のご提出の徹底をお願い致します。
  3. 部材の化学物質管理へのご協力
    当社では購入先様から調達した資材、及びそれを使用した製品を輸出する場合があります。日本国及び輸出相手国での化学物質管理に関する法規に基づき、下記の確認・対応が必要となる場合がありますので、ご協力をお願い致します。
    輸出相手国の言語でのGHSラベルの貼付
    輸出相手国の化学物質管理法令の基本となる新規/既存化学物質の該非の確認及び、「新規化学物質含有の有無確認書」の提出
    輸出相手国輸入税関対応のため、CASナンバーが100%開示されたSDSまたは成分表、あるいは規制化学物質不含有の保証書の提出
  4. 生物多様性保全へのご配慮
    省資源、省エネ、緑化等を通じて、生物多様性の保全に配慮した事業活動の展開をお願い致します。

安定供給への体制確立

災害や事故に対する事業継続への取り組みとして、事業継続を可能とする計画及び体制構築の推進をお願い致します。
万が一、購入先様が災害や事故で被害を受けた場合、購入先様のみならず当社及び当社のユーザー様を始めとするステークホルダーにも大きな影響を与えることが想定されます。特に地震・洪水等の災害に対する被害想定と復旧計画の策定、影響リスクの最小化に向けた事業継続への備え及び管理をお願い致します。

最適な品質への対応

購買基本契約に定める品質保証条項を順守して頂く為に、品質管理体制の構築をお願い致します。

  1. 「IATF16949(TS16949)」レベルの品質管理の推進
    当社グループは「IATF16949(TS16949)」レベルの品質管理体制を目標とした品質活動を推進しております。購入先様におかれましても、当社グループ同様に、これを目標とした品質管理の推進をお願い致します。
  2. 基本要望事項
    品質方針・目標を定めてすべての部門への徹底をお願い致します。
    当社に対する品質保証責任者を選任し、当社への通知をお願い致します。
    製品規格、作業手順等を明確にし、標準化を行い社内への徹底をお願い致します。
    QC工程図の適切な作成をお願い致します。
    資材購入先、作業外注先の管理内容を定め、定期的な監査を実施し、安定した供給、かつ安定した品質での資材調達の遂行をお願い致します。
    5Sの徹底等の工程品質管理の遂行、従業員に対する品質管理教育の実施をお願い致します。
    不具合品・不良品が流出しない仕組み構築をお願い致します。受入検査・中間検査・出荷検査等の確実な実施をお願い致します。
    校正管理が必要な検査・試験機器の定期的な校正と校正の有効期限内の機器使用の徹底をお願い致します。
    不具合品が発生した場合、関係部署へ適切な伝達・その原因の調査・対策等が迅速に実施できる仕組みの構築をお願い致します。
    5M(材料、設備、方法、人、測定)及び製造場所の変更を行う場合、当社グループ所定の書式による事前申請と事前承認の徹底をお願い致します。

接待・贈答等に関するお願い

当社に対する接待・贈答等を行う場合は社会通念の範囲内でのご対応でお願い致します。

監査及び自己チェック

資材の品質維持や納期順守のため、当社グループの品質保証部門による購入先様の工程監査を実施させて頂く場合があります。また、3項の取り組み状況を確認するため、資材部門等からセルフチェックシートの提出依頼、及び購入先様の事務所、工場等への立入り監査を実施させて頂く場合があります。
その際は、ご理解・ご協力をお願い致します。