TAIYO YUDEN

新安全衛生中期目標(2021年度中期目標)

新安全衛生中期目標(2021年度中期目標)

2018年度は、2016年度〜2018年度で設定した中期目標の締めの年であるため、目標に対する結果を評価・分析し、新安全衛生中期目標(2021年度中期目標)を策定しました。
労働災害の原因となる「不安全状態と不安全行動」の撲滅に向けて、これまで取り組んできた5M(Man、Machine、Method、Material、Measurement)の項目ごとの安全衛生活動プログラムの水準をさらに向上させるための3ヵ年の施策を明確にしました。
今後は、この新安全衛生中期目標に沿った活動を実施し、労働災害の撲滅、重大リスクの低減に向けた具体的な取組みを推し進め、安全文化をつくり根付かせていきます。