TAIYO YUDEN

日本リーグ第2節

2年前の再現のような展開、死闘の末の惜敗

試合結果 (第2節:大垣市北公園野球場) 4月11日(日) 10:30~

太陽誘電
ソルフィーユ
0 0 3 0 0 0 2 1 1 0 0 7
トヨタ自動車
レッドテリアーズ
0 0 0 0 3 0 2 1 1 0 2 9
(太陽)尾﨑、●曽根-西山
(トヨ)後藤、〇三輪-切石
本塁打:鎌田(ト)、3塁打:なし、2塁打:門馬(太)山崎・深沢(ト)

・試合の詳細(試合速報)  ・写真コーナー  ・JSL動画

大垣大会2日目はトヨタ自動車レッドテリア―ズと対戦。この試合は太陽誘電ソルフィーユが尾﨑望良投手、トヨタ自動車レッドテリア―ズが後藤希友投手の先発で始まる。尾﨑は初回三者凡退、2回にはツーベースヒットと送りバントで1死3塁のピンチを迎えるが、後続を2者連続三振に抑え好調な滑り出しを見せる。尾﨑を援護したい打線は3回、永友遥がセカンド後方ポテンヒット、原田のどか四球で二死一二塁、ここで松木瑛里の一二塁間を抜くヒットをライトが後逸、ランニングホームランとなり序盤で3点を先制した。好投の尾﨑だったが5回、タイムリーで得点を許すと、連続して内野ゴロの間にランナーが生還し追い付かれてしまう。同点で迎えた7回、先頭の門馬沙也加が右中間ツーベースヒットを放ち、中溝優生がフォアボール、代打佐藤みなみがセンター前タイムリーで2点勝越し。これで勝負ありと思われたが6回から継投の曽根はん奈がフォアボールとバントヒットを許し、代打下山にタイムリーを浴び再び同点、タイブレークに突入する。ソルフィーユは8回に1点、9回にも1点勝ち越すがまたも追い付かれ両チーム一歩も譲らない激闘を繰り広げる。11回裏タイブレークランナーを置き曽根の投球は無情にもフェンスを越える逆転の本塁打を被弾。太陽誘電ソルフィーユはこの試合『7-9』の惜敗で、通算成績1勝3敗となりました。

山路監督コメント『今日はあと1点、ワンアウトが遠かったです。でも、昨日と比べていい試合が出来たので、いいようにとらえて、来週地元で頑張ります。』