TAIYO YUDEN

日本リーグ第3節

永友遥・川村莉沙の本塁打で快勝、曽根はん奈は今期初勝利!

試合結果 (第3節:高崎市ソフトボール場) 4月19日(月) 10:30~

太陽誘電
ソルフィーユ
0 0 0 2 2 0 2 6
伊予銀行
VERTZ
0 0 0 0 0 1 1 2
(太陽)○曽根、寺田、尾﨑-西山
(伊予)●庄司、居内-安川
本塁打:永友・川村(太)・飯田(伊)、3塁打:なし、2塁打:原田・須田(太)・安川(伊)

・試合の詳細(試合速報)  ・写真コーナー  ・JSL動画

 

この試合は太陽誘電ソルフィーユが曽根はん投手、伊予銀行VERTZが庄司奈々投手の先発で始まった。ソルフィーユは初回に内野安打で川村莉沙が出塁、送りバントで一死二塁とするも後続無く先制のチャンスを逃す。2回表は二死後に永友遥がデッドボールと盗塁で二死二塁とするも無得点。一方先発の曽根は初回三者凡退に抑え順調な立ち上がりで、2回には二死二三塁のピンチを迎えるが、レフト松木瑛里のファインプレーで切り抜ける。4回表ソルフィーユの攻撃、原田のどかレフト線へツーベース、永友遥が豪快な打球をレフトスタンドへ放ち試合の均衡を破る「値千金」の一発で2点を先制。試合の流れを引き寄せたソルフィーユは5回にも須田真琴のヒットの後、川村莉沙がライナー性の打球を右中間スタンドに叩き込み2点を追加。6回裏にホームランを浴び1点を返されるが、7回表には二死満塁から永友がダメ押し2点タイムリーでリードを広げる。最終回、寺田愛友がマウンドに上がるがタイムリーを打たれ尚も一死満塁のピンチ、ここは尾﨑望良に継投し後続2人を抑え太陽誘電ソルフィーユはこの試合『6-2』の快勝。通算成績2勝4敗としました。

山路監督に試合を振り返って、もらい次のようなコメントをもらいました。『今日は曽根が粘り強く投げてくれたのが一番だと思います。その中で今まで苦労してきた野手陣も、それなりにあたりがちょっとずつできてきたので、今日 永友も大事なところで打ってくれたので、勢いに乗れるように頑張ります。』