TAIYO YUDEN

日本リーグ第4節

ソルフィーユ寺田愛友好投するも打線の援護なく敗戦

試合結果 (第4節:太田市運動公園野球場) 4月24日(土)1 4:00~

豊田自動織機
シャイニングベガ
0 0 0 3 0 0 0 3
太陽誘電
ソルフィーユ
0 0 0 0 0 0 0 0
(織機)○エスコべド-グッドエーカー
(太陽)●寺田-西山
本塁打:なし、3塁打:なし、2塁打:大平(織)

・試合の詳細(試合速報)  ・写真コーナー  ・JSL動画

第4節太田大会2日目は豊田自動織機シャイニングベガとの対戦。この試合は太陽誘電ソルフィーユが寺田愛友投手、豊田自動織機シャイニングベガはダラス・エスコべド投手で始まった。ソルフィーユ寺田は初回サードゴロ、ショートゴロ、サードライナー、2回表は三者セカンドゴロに打ち取り無難な立ち上がりを見せる。3回表にはシャイニングベガ大平あいにライトオーバーのツーベースを打たれるが後続を抑える。4回表シャイニングベガの攻撃で連打とダブルスチール、フィルダースチョイスで先制される。その後エンドランを阻止挟殺プレー、しかし守備エラーでアウトに出来ずに逆に追加点を与え、この回3点失う。4回裏のソルフィーユの攻撃は松木瑛里が待望の初ヒットを放つと続く原田のどかもライト前、盗塁を絡め一死二三塁とするが後続無くここは無得点。ソルフィーユはダラスを最後まで攻略できず、この日も好投するソルフィーユ寺田を援護することが出来ず、『0-3』の完敗。