TAIYO YUDEN

日本リーグ第4節

初回に尾﨑望良・中溝優生2本塁打で5得点、曽根はん奈がリードを守り完投で2勝目!

試合結果 (第4節:太田市運動公園野球場) 4月25日(日)1 3:00~

シオノギ製薬
ポポンギャルズ
0 1 0 0 0 0 0 1
太陽誘電
ソルフィーユ
5 0 0 0 0 0 X 5
(シオ)●千葉-宇野
(太陽)○曽根-西山
本塁打:尾﨑・中溝(太)、3塁打:なし、2塁打:なし

・試合の詳細(試合速報)  ・写真コーナー  ・JSL動画

第4節太田大会3日目はシオノギ製薬ポポンギャルズとの対戦。この試合は太陽誘電ソルフィーユが曽根はん奈投手、シオノギ製薬ポポンギャルズが千葉咲実投手の先発で始まった。初回曽根の立ち上がりは内野ゴロエラーとフォアボール、更に足を絡めた攻撃にフォアボールを与えノーヒットで二死満塁のピンチを迎えるが、後続をセカンドゴロに打ち取り得点を許さなかった。ソルフィーユはその裏、松木瑛里がデットボール、原田のどかがレフト前ヒットで出塁すると続く尾﨑望良の打球は左中間スタンドへ飛び込む豪快なホームランを放ち3点を先制。須田真琴がデットボールで出塁すると中溝優生がセンターの頭上を越えるツーランホームラン、初回に一挙5点のリードを奪った。2回表にエラーが絡み1点を失う。その後は両チーム走者は出すものの、得点無くすすむ。ソルフィーユは6回裏代打木下華恋がレフト前ヒットで出塁、中溝がセンター前ヒット(この日3安打)、川村は内野安打二死満塁と好機を広げるも後続なく追加点は奪えなかった。最終回ポポンギャルズの攻撃は代打攻勢で最後はソルフィーユから移籍した佐竹紫乃をセンターフライに打ち取りゲームセット。曽根はん奈投手は伊予銀行戦につづく勝ち星を上げた。太陽誘電ソルフィーユはこの試合『5-1』で快勝し通算成績を3勝6敗としました。

山路監督のコメント 『昨日、一昨日の2連敗の内容が良くなかったので、初回切り替えて5点取ってくれたので今日は楽に進めることが出来ました。次節以降につなげていきたいと思います。』