TAIYO YUDEN

中溝優生の劇的サヨナラ本塁打で、曽根はん奈完投勝利の今季3勝目!

試合結果 (第5節:出雲ドーム) 4月24日(土)1 4:00~

Honda
Reverta
0 0 0 0 0 0 2 2
太陽誘電
ソルフィーユ
1 1 0 0 0 0 1x 3
(Ho)●フォード-棚町
(太陽)○曽根-西山
本塁打:永友・中溝(太)糟谷(Ho)、3塁打:なし、2塁打:なし

・試合の詳細(試合速報)  ・写真コーナー  ・JSL動画

第5節島根大会HondaRevertaとの対戦は太陽誘電ソルフィーユが曽根はん奈投手、HondaRevertaがジェイリン・フォード投手の先発で始まった。ソルフィーユは初回中溝優生がフォアボールで出塁、松木瑛里が得点圏にランナーを進める送りバント。続く門馬沙也加の打球をピッチャーのフォードがダイビングで一度捕球するも落球、隙を見た中溝が三塁を狙うがタッチアウトで先制のチャンスを逃したと思われた。しかし、その後原田のどかがフォアボールを選び二死一二塁とし、川村莉沙が俊足を生かすセカンド内野安打。この間に2塁走者の門馬がホームを踏み先手を取った。2回には先頭の永友遥が古巣からレフトオーバーソロホームランを放ち貴重な追加点を挙げ2点リードとし試合の主導権を握った。守りでは先発の曽根は初回を三者凡退に抑え、その後もReverta打線に的を絞らせず走者を出しながらも決定打を許さない気迫あるピッチング。しかし最終回二死一塁、あと1人で完封のところで番糟谷舞乃にツーランを浴び、勝利目前で同点とされた。ソルフィーユはその裏、先頭打者キャプテン中溝が完璧に捉えた打球はセンターへサヨナラ本塁打!この試合『3ー2』の劇的な勝利となりました。前半節を終了し太陽誘電ソルフィーユは通算成績を5勝6敗としました。

今日は曽根が粘り強く投げて、試合を作ってくれました。早くに点が取れたので、守りに入ってしまうと苦しかったのですが、若いバッテリーが工夫して攻め、よく7回まで無失点で切り抜けてくれました。最終回、2死からの同点打は本人たちには悔いもあるかと思いますが、それも含めてこの試合は貴重な経験になると思います。同点にされたすぐ後ににキャプテンの一振りで勝利を決定付けてくれました。ここにきてかなり振れてきていたので打順も上げましたが、よく期待に応えてくれました。
前半戦を終えて、反省もかなり多く出ましたが、後半に期待できる内容も多く出たと思います。世代交代の年で、かなり苦しみましたが、特に若いバッテリーの成長が見られました。夏場しっかり強化して後半につなげていけるようにしていきます。