TAIYO YUDEN

日本リーグ第6節

曽根はん奈が2安打完封で4勝目! ソルフィーユ後半初戦を白星で飾る

試合結果 (第6節:金沢市民球場) 9月11日(土)13:00~

伊予銀行
VERTZ
0 0 0 0 0 0 0 0
太陽誘電
ソルフィーユ
0 1 1 0 0 0 X 2
(伊予)●庄司、黒木-若林、安川
(太陽)○曽根-西山
本塁打:なし3塁打:なし2塁打:門馬、西山(太)

・試合の詳細(試合速報)  ・写真コーナー  ・JSL動画

開幕節が延期となり第6節石川大会の伊予銀行VERTZとの対戦が後半初戦となったこの試合は 太陽誘電ソルフィーユが曽根はん奈投手、伊予銀行VERTZが庄司奈々投手の先発で始まった。曽根は立上がりの初回にフォアボールとデットボールで2死一二塁のピンチを招き、2回にもセカンド後方ポテンヒットの後、盗塁とバントで進塁され2死三塁と再びピンチを迎えるが共に後続を凡打で打ち取り無得点で切り抜けた。ソルフィーユはその裏の攻撃で門馬沙也加が左中間を破る2塁打を放ち出塁すると、続く永友遥がサード強襲、その後盗塁を決め1死二三塁とすると、佐藤みなみのレフトファールフライで門馬がタッチアップし先制点を奪った。ソルフィーユは3回にも西山しずくがライト前ヒット、代走の松瀬清夏が盗塁、中溝優生がセンター前ヒットと盗塁で無死二三塁。その後2者が倒れるが原田のどかの打席、ワイルドピッチで中溝がホームインして貴重な追加点で引き離した。リードを貰った曽根はその後安定した投球で3回以降はVERTZ打線をヒット1本に抑える圧巻のピッチングで得点を許さず今期4勝目を挙げた。太陽誘電ソルフィーユはこの試合「2-0」で勝利し後半戦好スタートで通算成績を6勝敗としました。