TAIYO YUDEN

日本リーグ第8節

寺田愛友タイブレーク10回完投し3勝目

試合結果 (第8節:川口市営球場) 10月9日(土)13:00~

太陽誘電
ソルフィーユ
0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2
大垣
ミナモ
0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
(太陽)○寺田-西山
(大垣)●ロバーツ-田立
本塁打:なし、3塁打:なし、2塁打:佐藤(太)

第8節川口大会の初日は大垣ミナモとの対戦。太陽誘電ソルフィーユが寺田愛友投手、大垣ミナモがエレン・ロバーツ投手の先発で始まった 。ソルフィーユは初回リーグトップ6本塁打を誇る打撃好調の中溝優生がデッドボール、川村莉沙と門馬沙也加の内野ゴロの間に三塁まで進塁するが後続無く無得点。先発の寺田はその裏三者凡退に抑える順調な立上がり。2回表には佐藤みなみが右中間へのツーベースヒットを放ち、永友遥がバントで代走の松瀬清夏を送り一死三塁とすると、続く松木瑛里のエンドランで先制する。援護を貰った寺田だが4回裏に2本のセンター前ヒットで一死二三塁とされるとタイムリーを浴び同点とされる。5回以降は出塁を許すもバックの好守備もあり無得点に抑える好投を見せる。一方ソルフィーユも得点圏に走者を進めるも後一本が・・・、追加点を奪えず同点のままタイブレークに突入する。延長後両チーム共に一歩も引かぬまま無得点で回が進む。試合が動いたのは10回、ソルフィーユがタイブレークランナーの永友をバントで松木が送り、竹田采実のヒットエンドランで勝ち越し点を挙げた。寺田は苦しみながらもミナモ打線を10回まで最小得点に抑え3勝目。太陽誘電ソルフィーユはこの試合「2-1」の辛勝、通算成績を8勝8敗と再び勝率を5割に戻しました。