TAIYO YUDEN

日本リーグ第8節

曽根はん奈の粘投、中溝優生のサヨナラヒットで2戦連続でタイブレークを制す

試合結果 (第8節:川口市営球場) 10月10日(日)13:00~

戸田中央総合病院
メディックス
1 0 0 0 0 0 0 1 0 2
太陽誘電
ソルフィーユ
1 0 0 0 0 0 0 1 1x 3
(戸田)湯川、●テーラー-鬼澤
(太陽)○曽根-西山
本塁打:3塁打:2塁打:堤・田中(戸)

第8節川口大会2日目は戸田中央総合病院メディックスとの対戦。この試合は太陽誘電ソルフィーユが曽根はん奈投手、戸田中央総合病院メディックスが湯川いずみ投手の先発で始まった。曽根は立上がり江口未来子に右中間に2塁打とされ、その後二死とするがフォアボールで二死一三塁となり、堤加菜子にショート横を抜くタイムリーで先制される。ソルフィーユはその裏すぐさま反撃、先頭打者の中溝優生がレフト前ヒットで出塁し、川村莉沙と門馬沙也加の内野ゴロで三塁へ進塁すると、原田のどかのレフト前タイムリーヒットで同点とする。3回裏には西山しずくがフォアボール、中溝のレフト前、続く川村のセンターへの大きなフライが犠打となり一死二三塁のチャンスを作るが、継投のジョーダン・テーラーに後続を断たれ追加点を奪うことが出来ない。5回表は、ヒット・フォアボールそれからエラーと無死満塁のピンチ、ここは曽根が粘りダブルプレーなどで無得点に抑える。とその裏、先頭打者の西山が内野ゴロエラーで出塁、中溝と原田がフォアボールで二死満塁とするも得点ならず。その後、双方とも、得点圏に走者が進めるが曽根とテーラーの投げ合いが続き2回以降スコアボードに0が並ぶ。タイブレーク突入となり8回表は水戸久瑠実のレフト犠牲フライ、8回裏は佐藤みなみがエンドランを決めて両チーム1点を加え、9回に突入。9回表の守備では一死三塁でレフトフライを原田のレーザービームで走者と西山捕手が激しいクロスプレーとなり追加点を阻止した。その裏、故意四球で無死一二塁となりソルフィーユの攻撃は、中溝がショート横を抜くセンター前タイムリーでサヨナラ勝ち。太陽誘電ソルフィーユはこの試合「3-2」で勝利し2戦続けてのタイブレークを連勝し通算成績を9勝8敗。勝ち星先行となり、7位に浮上。