TAIYO YUDEN

2012 カナダカップ(カナディアンオープン)

更新日:2012年7月10日

日本代表アメリカを9-6で下し優勝

 女子ソフトボール日本代表は、7月4日~9日の間、カナダ・サレーで開催されるカナダカップ(カナディアンオープン)に参加しました。決勝戦ではアメリカと接戦の末9-6と勝利し優勝を飾りました。この後は、いよいよ女子ソフトボール世界一を決める『第13回世界女子ソフトボール選手権大会』に向けて転戦。会場はカナダ・ユーコン準州・ホワイトホースで、スケジュール7月13日(金)~7月22日(日)で行われます。引き続き、日本代表の応援お願いします。

 日本ソフトボール協会HP

 【決勝トーナメント】

準決勝(P1) 7位決定戦(P2) 準決勝(P3) 5位決定戦 3位決定戦 優勝決定戦
USAAustralia Puerto Rico New Zealand JapanCanada Venezuela     New Zealand CanadaAustralia JapanUSA

 準決勝(Canada)戦は、染谷投手(デンソー)が先発、初回に先頭打者河野美里選手のヒットから先制する。5回から栗田投手(織機)継投するが同点にされる。その裏、河野美里選手と大久保選手(ルネサス)のタイムリーで2点勝ち越し、6回からは藤田倭投手が継投し、3-2で勝利し決勝へ駒を進めUSAとの再戦。決勝(USA)戦は、藤田倭投手が先発。5回表、代打藤野選手(トヨタ)が出塁し、河野美里選手と西山選手(ソフトウェア)連続タイムリー、山田選手(ソフトウェア)2点タイムリーツーベースこの回4点。6回裏、スリーランなどで4点奪われ同点に追いつかれる。8回表は河野美里選手の2点タイムリー、西山選手(ソフトウェア)タイムリーなどで5点リード、8回裏ツーランを浴びるもこの試合9-6の辛勝(藤田倭投手は完投勝利)。 

                                                                             

【予選リーグ】 シングルラウンドロビン(1回戦総当たり)のリーグ戦       

  Australia Canada Japan New Zealand Puerto Rico USA Venezuela W・L 順位
Australia ●3-5 ●2-7 ○7-0 ○13-0 ●0-7 ○6-2 3・3 4
Canada ○5-3 ●2-3 ○11-1 ○7-1 ●14-2 ○5-4 4・2 3
Japan ○7-2 ○3-2 ○7-0 ○11-2 ●3-4 ○10-0 5・1 2
New Zealand ●0-7 ●1-11 ●0-7 ●1-3 ●0-7 ●0-9 0・6 7
Puerto Rico ●0-13 ●1-7 ●2-11 ○3-1 ●0-8 ●2-5 1・5 6
USA ○7-0 ○14-2 ○4-3 ○7-0 ○8-0 ○5-4 6・0 1
Venezuela ●2-6 ●4-5 ●0-10 ○9-0 ○5-2 ●4-5 2・3 5

  初(New Zealand)では、太陽誘電から出場している藤田倭投手が先発5回を無失点に抑え勝利投手、河野美里選手は2回裏に先制のツーランホームランを放つなど活躍をみせる。第2(Australia)戦は藤田倭投手初回にエラーがらみで2点先制されるも、見方の大量点で完投勝利を飾る。第3(Canada)戦は、初回先頭打者河野美里選手のツーベースから峰選手(ルネサス)のタイムリーで先制、2・3回に失点勝ち越される。7回表坂元選手(トヨタ)タイムリーツーベースで再逆転3-2により3連勝。第4(Puerto Rico)戦は、上野投手(ルネサス)が先発し打線も二桁安打で快勝。第5(USA)戦は、栗田投手(織機)・J.Taylor投手(デンソー)の投げ合いで始まり、2回に峰選手岩渕選手(ルネサス)連続ヒット、河野美里選手のタイムリーなどで2点先制するが、3回に逆転される。5回裏途中から藤田倭投手が継投するも3-4の惜敗。第6(Venezuela)戦は、上野投手(ルネサス)が1安打完封、打線も2桁得点で快勝し、予選5勝1敗で2位通過。

 

 

 

2012日本代表 関連ニュース  (2013)

代表候補(2/17)

代表メンバー(4/9)

表敬訪問(6/20)

世界選手権_日程

カナダカップ結果(7/4~9)  世界選手権(7/13~23) 優勝報告(8/2) 祝賀会(10/17)