TAIYO YUDEN

第11回アジア女子選手権大会

更新日:2017年12月5日

予選・決勝と全勝優勝

平成29年11月29日(水)~12月4日(月)台湾・台中の萬壽棒球場、金龍棒球場で第11回アジア女子選手権大会が開催されました。日本代表として太陽誘電ソルフィーユからは、 藤田 倭(投手)佐藤 みなみ(捕手)原田 のどか(外野手)3選手と山路 典子(アシスタントコーチ)杉浦 千恵子(トレーナー)が参加しました。 予選ランドは下記グループに分かれ総当たり戦、各グループの上位4チームにより決勝トーナメント(ページシステム方式)で行われました。

日本代表は、予選・決勝トーナメントともに全勝で優勝を飾りました。日本代表は休む間無く引き続き、沖縄合宿に入ります。

グループA  日本 フィリピン 韓国 香港 タイ パキスタン
グループB  チャイニーズ・タイペイ 中国 シンガポール インドネシア インド イラン
予選リーグ戦

<Aグループ> 
JPN PHI  KOR  HKG  THA  PAK  勝  負  順位
日本 ○8-0 ○7-0 ○8-0 ○15-0 ○7-0  5 0 1
 フィリピン ●0-8 ○6-4 ○18-0 ○5-0 ○7-0  4 1 2
 韓国 ●0-7  ●4-6 ○9-0 ○8-0  ○7-0  3  2 3
 香港 ●0-8 ●0-18  ●0-9 ○7-0  ○7-0  2  3 4
 タイ  ●0-15  ●0-5 ●0-8  ●0-7  ○7-0 1  4 5
 パキスタン ●0-7  ●0-7 ●0-7 ●0-7 ●0-7 0 5  6

*日本の対戦相手の表のところに、JASの試合レポートのリンクを貼りました。パキスタン戦は不戦勝です。

 <Bグループ>

TPE CHN SIN INA IND IRI  勝  負  順位
チャイニーズ・タイペイ ○4-1  ○11-1  ○24-0 ○20-0  ○7-0  5  0 1
中国 ●1-4 ○8-1  ○9-1  ○16-0  ○7-0  4  1 2
シンガポール ●1-11  ●1-8  ●6-7  ○8-0  ○7-0  3  2 3
インドネシア ●0-24  ●1-9 ○7-6 ○11-1 ○7-0  2  3 4
インド  ●0-20  ●0-16 ●0-8  ●1-11  ○7-0  1  4 5
イラン ●0-7  ●0-7  ●0-7  ●0-7 ●0-7  0 5 6

 

決勝トーナメント

中国戦 チャイニーズ・タイペイ戦 決勝フィリピン戦

*上記、日本の対戦相手のところに、JASの試合レポートのリンクを貼りました。