TAIYO YUDEN

投稿記事一覧

リンク 紹介
記事を読む

メタル系パワーインダクタ「MCOIL™」の材料技術と特徴について(2013年6月6日)

スマートフォンやタブレットPC 等に代表される小型携帯機器は高機能化・多機能化が進み、それに伴って、電源回路のチョークコイルにも、搭載数の増加やICの高機能化に伴う大電流への対応、また小型・薄型化に対応するコイル自体の小型・低背化という要求が強まっている。

記事を読む

スマートフォンのRFフロントエンドに用いられるSAW-Duplexerの温度補償技術(2012年11月8日)

近年、スマートフォンのマーケットにおいてデータ通信量の必要量が増大しており、システムの多様化が進んでいる。現在、グローバルに対応するスマートフォンに使用されるシステムとしては、GSMの4バンド、WCDMAの5バンド、さらにLTEの2バンドと最低必要バンド数としても11バンドと多くのシステムの対応が必要とされている。

記事を読む

NiZnフェライトの技術発展と高性能化(2012年7月)

携帯電話、ノートパソコン、薄型テレビ等のデジタル機器の小型軽量化、高機能化が進んでいる。それに伴い、セラミックス電子部品に代表される受動部品の小型、低背化も求められており、セラミックス電子部品の一つであるインダクタについても例外ではない。

記事を読む

携帯電話のRFシステムの多様化に対応した、高周波デバイスの開発(2011年12月8日)

近年、携帯電話の小型化、高性能化の進展に伴い、使用される電子部品も小型・軽量化が図られ、さらに高性能化が求められている。現在注目されている次世代のLTEシステムでは、送受信するデータ品質維持のために、歪み特性に優れたRF (Radio Frequency) デバイスが必要となっており、高アイソレーション特性を有するDuplexerが求められている。

記事を読む

エネルギー供給の多様化に対応する、リチウムイオンキャパシタの適用(2011年8月18日)

太陽誘電では、30mF~200Fの、種々のキャパシタをラインナップ(図1)しており、小容量タイプのキャパシタはリアルタイムクロック(RTC)IC のバックアップやエナジーハーベスティングの用途として、大容量タイプのキャパシタは電池併用や代替の用途として、様々なエネルギー要求へ応えている。

記事を読む

エネルギー供給の多様化に対応するポリアセンキャパシタの適用(2010年8月19日)

電気化学キャパシタ(以後、キャパシタと呼ぶ)は、古くはその低温での動作性能から、低温環境下での電池代替デバイスとして用いられてきたが、近年では、環境負荷物質の低減、充放電サイクル寿命の長さ、急峻な充放電に耐える等の特性を活かした、新しい使われ方が提案されている。


記事を読む

進化するコンデンサ Vol.1(2010年7月9日)

当社の積層セラミックコンデンサは小型・低背化と共に単位面積当たりの静電容量の増加が進んでおり、モバイル機器や基板内蔵用途等をはじめとしその特性を活かした分野で使用されています。当記事では上記事項の詳細をご紹介しています。


記事を読む

太陽誘電株式会社に聞く!積層セラミックコンデンサ編(2010年7月9日)

当記事では、積層セラミックコンデンサの用途、電気的特性、形状の読み方、製品の選び方などをご紹介しています。


記事を読む

太陽誘電株式会社に聞く!小型パワーチョーク(インダクタ)編(2010年7月9日)

ここでは、パワーチョークコイルをピックアップしています。小型化要求対応への課題、その種類と構造、選び方、電気的特性等についてご紹介しています。