STEP3 リチウムイオンキャパシタの原理とは 電気二重層キャパシタとリチウムイオン二次電池の長所を併せ持ったハイブリッドキャパシタ。

リチウムイオンキャパシタとは、一般的な電気二重層キャパシタの原理を使いながら負極材料としてリチウムイオンを吸蔵可能な炭素系材料を使い、そこにリチウムイオンを添加することでエネルギー密度を向上させた、電気二重層キャパシタとリチウムイオン二次電池の性格を併せ持つキャパシタです。
正極と負極の原理が異なる非対称キャパシタの一種で、電気二重層キャパシタの正極とリチウムイオン二次電池の負極を組み合わせた構造になっており、正極が電気二重層を形成し物理的な作用で充放電するのに対し、負極はリチウムの酸化還元反応によって充放電します。
従来のキャパシタに比べてエネルギー密度が高いのは、この負極へのプレドーピングによって負極の静電容量が増大されていることが大きく起因しています。

STEP

開発者物語
設計者向け 詳細技術データ提供WEBサイト TY-COMPS(Taiyo Yuden COMPonent Assist System)
「高信頼性」と「最適価格」の両立 車載・産機向け高信頼性部品紹介特設ページ