TAIYO YUDEN

太陽光発電所は設計当時には想定していなかった電柱が立ってしまったなど、影要因とはいつでも隣り合わせです。この影によって低下する電力を最小限にするのが、太陽誘電のマイクロコンバータsolhueru™(ソルフェル)です。影のかかるストリングのみに絞って設置可能で、導入コストを最小限にでき、ホストコントローラーや専用のパワーコンディショナー(PCS)も不要です。

ご紹介映像

太陽誘電の太陽光発電向けソリューションをわかりやすくご説明します

発電量が少ない気がする

  • 一般的な太陽光発電システムの課題
    PVモジュール1枚ではなく、直列でつながれたPVモジュールがすべて発電量低下
    パワーコンディショナーでは個々のPVモジュールの発電状態が管理できないため、ストリング全体が50%に
  • たとえば木や電柱で影になると
    接続箱
    パワーコンディショナー
効率
改善提案
PVマイクロコンバータsolhueru™による発電効率改善
  • 接続箱
    パワーコンディショナー
    PVマイクロコンバータsolhueru™
PVモジュール1枚1枚にPVマイクロコンバータsolhueru™を設置。これにより、木陰による発電量低下が2か所あったとしても、直列でつながれた他のPVモジュールは影響を受けることなく、最大電力を供給することができます。
PVマイクロコンバータsolhueru™により、他のPVモジュールの最大電力キープが可能に

solhueru™の強み

予測不能な影要因トラブルもsolhueru™なら解決できます
専用電源不要
  • PVモジュールからの電源供給
取付簡単
(後付可能)
  • 既存設備へ取付

採用事例

    • solhueru™活用事例
    • 特定時間帯で起こるソーラーパネルに対する障害物の影
    • モジュールに対する汚れ

製品情報

マイクロコンバータ
solh_pro
最大システム電圧 1000V DC
接続可能な太陽電池パネルの電圧範囲 12V~55V
入力可能電力 300W
出力電圧範囲 12V~44V
寸法(L×W×H)[mm](凸部・ケーブル含まず) 136×138×34
動作時温度範囲 -20℃~60℃