TAIYO YUDEN

CSRマネジメント

CSR憲章・CSR行動規範

太陽誘電グループは、「従業員の幸福」「地域社会への貢献」「株主に対する配当責任」を経営理念とし、太陽誘電グループを取り巻くステークホルダーと円滑な関係を構築し、企業価値を高めたいと考えています。
こうした考え方を、より明確にステークホルダーへ表明するため、太陽誘電グループは「CSR憲章(太陽誘電グループ 社会的責任に関する憲章)」を2005年に制定しました。
また、2006年には、CSR憲章で表明した内容を従業員が守っていくための具体的な行動方針として「CSR行動規範(太陽誘電グループ社会的責任に関する行動規範)」を制定しました。

CSR憲章

CSR行動規範

CSRの周知・浸透

太陽誘電グループでは、CSRの周知・浸透を図るため、積極的に教育を行っています。

CSR行動規範に対する理解をより深めてもらうために、行動規範を簡潔な文書とイラストで表現した「CSR行動規範ハンドブック」を6言語 (日本語・英語・簡体字中国語・繁体字中国語・韓国語・マレー語) で作成し、すべての役員および従業員に配布しています。

入社時・昇格時などのタイミングにおいて対象者全員に集合研修を行うとともに、全従業員を対象としたe-Learningを毎年実施しています。また、経営幹部を対象とした外部講師セミナーを定期的に実施しています。

CSR推進体制

太陽誘電グループのCSR活動は、内部統制委員会が全体を統括し、推進組織としてCSR行動規範の各条文・対象リスクごとに担当役員とHQ部門が選任され、そこから示される活動方針やグループ共通ルールに従い各グループ会社が実行する体制(コンプライアンス・リスク管理体制)によって運営されています。

内部通報制度

太陽誘電グループでは、職場での法令違反や社内規定等の違反、または、違反する恐れのある行為を早期に発見し是正することを目的として、内部通報制度を導入しています。

言語は日本語のほか英語、中国語、韓国語での通報が可能です。内部通報を理由とした通報者に対する不利益な取扱いの禁止をはじめ、通報者の保護に万全な配慮を講じ運用するとともに、匿名による通報も認めています。

内部通報制度は社内でのポスター掲示や毎年実施される全従業員向け教育を通じ、周知をはかっています。

CSRマネジメントシステム

太陽誘電グループは、CSR憲章で示した内容の実現やCSR行動規範を順守するため、CSRマネジメントシステムを構築しています。

CSR行動規範および法規制の順守はもちろんのこと、CSR行動規範の実行推進するための仕組み・ルールを整備し、各社がPDCAによるCSR活動を実施しています。この活動全体を内部監査と内部通報制度でチェック、年間活動実績のレビューを行い、活動の継続的改善を図っています。

コンプライアンス・リスクマネジメント

太陽誘電では、コンプライアンスとリスクマネジメントをCSRマネジメントシステムの主活動として取り組んでいます。順守すべき法規制や事業活動に影響を与えるリスクを各組織単位でリスト化し、法規制の順守手順や、リスクの低減対策を立案・実施しています。また、新たな法規制やリスクは随時リストに追加するとともに、既存の法規制やリスクについても、その順守手順や低減対策が妥当であるか毎期ごとに再評価を行い、法規制順守の徹底やリスクの予防及び最小化に努めています。

太陽誘電とステークホルダーの関係

ステークホルダー 関係 主な機会
従業員 労働の提供 ⇔ 雇用の機会
  • 従業員意識調査
  • 内部通報システム
  • 労働組合との協議
カスタマー 製品の購入 ⇔ 製品の販売
  • 顧客満足度調査
  • カスタマーによる監査
  • 展示会・製品説明
サプライチェーン 資材の購入 ⇔ 資材の調達
  • 取引先説明会
  • 取引先への監査
地域社会 社会インフラの提供 ⇔ 雇用の創出、納税
  • 社会貢献活動
  • 情報の開示
株主・投資家 資金の提供 ⇔ 配当の支払い
  • 決算説明会
  • 株主総会
  • 投資家訪問