TAIYO YUDEN

経営理念

従業員の幸福 地域社会への貢献 株主に対する配当責任

太陽誘電は1950年の創業以来、「素材の開発から出発して製品化を行う」を信条として、磁器コンデンサをはじめとする時代のニーズに合った商品の開発と量産化に取り組み、発展の基礎を築きました。現在ではコンデンサやインダクタ、回路モジュール、FBAR/SAWデバイスなどの研究、開発、生産、供給をグローバルに展開し、高品質、高性能な電子部品の分野からIT・エレクトロニクス産業の発展を支えています。

当社の経営理念を実現するためには、確かな品質の商品を世界中のお客様に確実に供給し続け、会社が永続的、安定的に発展することが必要です。経済価値を高めると同時に、利害関係者からの要求や期待に応え、社会的責任を果たすことで社会価値を高めることを目指します。また、商品の安全・品質に加え、労働・人権、安全衛生、環境、倫理といった取り組みにおいても責任をもち活動しています。

今後もあらゆるステークホルダーの皆様との絆をより一層強くし、信頼されるパートナーとなることを目指していきます。