TAIYO YUDEN

情報開示方針

1.情報開示の基本姿勢

当社は、「太陽誘電グループCSR憲章」において、「広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報の適時適切な開示に努めます。」と定め、また、「太陽誘電グループCSR行動規範」においては、「経営情報等の企業情報が投資家の利益に資することを十分認識し、外部に情報を開示する。」と定め、実践しています。また、金融商品取引法・会社法等の情報開示に係る関係法令や東京証券取引所の定める有価証券上場規程等の適時開示に係る関係規程に従い、適時・適切・正確・公平・誠実に情報開示することを基本としています。

2.情報開示の基準

当社は、以下に該当する情報を、当社情報開示の基本姿勢に基づき開示していきます。

  • (1) 関係法令や関係規程の定めにより開示が要請される情報
  • (2) 上記(1)には該当しないが、投資家の皆様の投資判断に影響を与えると思われる公開可能な情報

3.情報開示の方法

当社は、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)、金融庁の提供する有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム(EDINET)、プレスリリース、当社ホームページ、記者会見および説明会等を通じ、情報を開示していきます。また、株主・投資家の皆様の便宜を図るため、開示情報は日本語と併せ、英語での開示に努めていきます。

4.情報開示に関する体制図

情報開示に関する体制図

5.沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、四半期ごとの決算期末日の翌日から当該決算の発表までを沈黙期間としています。沈黙期間中は、決算等に関連するお問い合わせ等への回答やコメント等はいたしません。
なお、沈黙期間中であっても、すでに開示している情報に関するお問い合わせ等につきましては、通常どおり回答やコメントをいたします。

6.免責事項

開示情報に含まれる計画、業績見通し、戦略、確信等のうち、将来の記述をはじめとする歴史的事実ではないものはすべて、現在当社が入手している情報に基づいて行った予測、想定、認識等を基礎としているものであり、その性質上、客観的に正確であるという保証、ならびに将来そのとおりに実現するという保証はありません。実際の業績は、数々の要素により、現状の見通し等とは大きく異なる結果となり、変動する可能性があることをご承知おきください。
また、開示情報は当社に対するご理解を深めていただくための情報提供を目的としており、いかなる内容も投資を勧める目的では開示しておりません。投資に関するご判断は、ご自身の責任において行われますようお願いいたします。