株主還元方針

 当社は、株主への利益還元の充実を経営の最重要課題のひとつと位置付けており、配当の安定的な増加に努めております。
2022年3月期の1株当たり期末配当金は40円を予定しております。中間配当金と合わせた年間配当金は80円となり、配当性向は18.5%となります。また、期中において資本効率の改善などを目的に約50億円の自己株式の取得を実施いたしました。今後は、安定的な配当性向30%の実現を目指すとともに、必要に応じて自己株式の取得を実施してまいります。
 また、2023年3月期の1株当たり配当金は年間90円(中間配当金45円、期末配当金45円)を予定しております。
 なお、当社は取締役会決議による中間配当を行うことができる旨を定めており、中間配当及び期末配当の年2回配当を基本的な方針として考えております。配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。

配当金・配当性向の推移

株主優待

株主優待制度は設けておりません。
剰余金の配当等による利益還元を基本方針としております。