TAIYO YUDEN

太陽誘電のあれこれ

社名の由来

TAIYO YUDEN

創業者である「佐藤彦八」は会社設立前から誘電体セラミックスを研究していました。そこで、新しく設立する会社の主力事業も誘電体を利用したものにしたいと考えていたため、社名は誘電体から「誘電」をとり、それに「太陽」を加えて、「太陽誘電株式会社」と決めました。太陽は「明るくて温かみがある」存在です。そのような太陽のように、「世の中を照らすような会社にしたい」、「大きなエネルギーを持った会社にしたい」という願いを社名に込めています。

太陽誘電の世界初!

太陽誘電では生活をより便利に、より豊かにするために、常に新しい商品の開発に取り組んでいます。
そのような取り組みの中で、太陽誘電が世界初となった主な商品をご紹介します。

アキシャルリード形セラミックコンデンサを世界で初めて商品化(1976年)

アキシャルリード形セラミックコンデンサを世界で初めて商品化(1976年)

第一次オイルショック後の省エネ、省電力化の動きの中で、電子機器メーカー各社は電子部品の自動挿入機の導入を進めていました。
アキシャルリード形は当時の自動挿入機に適した形状で、VTRやオーディオ機器を主体に広く利用されました。

世界初のニッケル電極大容量積層セラミックコンデンサを商品化(1984年)

世界初のニッケル電極大容量積層セラミックコンデンサを商品化(1984年)

電子機器の小型化に伴い、積層セラミックコンデンサの需要拡大が見込まれていました。太陽誘電は小型大容量ゾーンに焦点をあて、自社の材料技術やプロセス技術を駆使して、内部電極にニッケルを使用した世界初の積層セラミックコンデンサを開発しました。

世界初の追記型光記録メディア「CD-R」の商品化を発表(1988年)

世界初の追記型光記録メディア「CD-R」の商品化を発表(1988年)

1982年にオーディオ用12cmディスクが登場すると、太陽誘電はCDと互換性を持つ光記録メディアの開発に着手しました。常識を覆す発想の転換により、世界初のCD-Rの開発に成功しました。「CD-R」という名称も当社が命名したものです。

世界初、1005サイズNi電極積層セラミックコンデンサで1μFの大容量化(2001年)

世界初、1005サイズNi電極積層セラミックコンデンサで1μFの大容量化(2001年)

積層セラミックコンデンサにおいて世界初となる、1005(1.0x0.5x0.5mm)サイズで1μFの大容量品を開発しました。当社従来品と比較して、実装面積において約60%の小型化を行うことができました。

高周波積層チップインダクタ0603サイズで世界最高の高インダクタンスを実現(2004年)

高周波積層チップインダクタ0603サイズで世界最高の高インダクタンスを実現(2004年)

高周波積層チップインダクタの0603 (0.6x0.3x0.3mm)サイズで、世界最高のインダクタンス100nHを実現しました。0603サイズで当時世界最高レベルといわれていた当社従来品に比べインダクタンス値を約2倍に高め、他社を大きくリードしました。

4mm角形状で世界最高の大電流化を実現したスリーブレス構造低背型巻線インダクタを商品化(2004年)

4mm角形状で世界最高の大電流化を実現したスリーブレス構造低背型巻線インダクタを商品化(2004年)

デジタル機器で需要が増加していたDC-DCコンバータ用チョークコイルの4mm角形状で世界最高の定格電流を実現したスリーブレス構造の低背型巻線インダクタを開発、商品化しました。薄型化、高機能化、耐衝撃性が強く求められる携帯電話に搭載されました。また、1.8mの高さから基板実装状態で落下させる耐衝撃性試験においても破損しない強固な耐衝撃性も確保していました。

銅コア採用の画期的な部品内蔵配線板「EOMIN®」を世界で初めて量産化(2006年)

銅コア採用の画期的な部品内蔵配線板「EOMIN®」を世界で初めて量産化(2006年)

スマートフォンやタブレットPCなどのモバイル機器に搭載される銅コアを採用した画期的な部品内蔵配線板です。小型化や高密度実装という部品内蔵配線板の特長に加え、高剛性、高信頼性、良好な放熱性、ノイズ耐性という特性も実現しています。

0603サイズ積層セラミックコンデンサで世界最高レベルの1μFを商品化(2009年)

0603サイズ積層セラミックコンデンサで世界最高レベルの1μFを商品化(2009年)

小型形状と大容量を両立し0603 (0.6x0.3x0.3mm)サイズで世界最高レベルの静電容量1μFを達成した積層セラミックコンデンサを商品化しました。当社従来品から体積比で約78%の小型化、薄さで40%の低背化を実現しています。主にスマートフォンなどの携帯電話や各種携帯機器に使われます。

世界初、0402サイズ積層セラミックコンデンサで0.1μF商品化(2010年)

世界初、0402サイズ積層セラミックコンデンサで0.1μF商品化(2010年)

0402 (0.4x0.2x0.2mm)サイズという超小型積層セラミックコンデンサで0.1μFの静電容量を達成し、商品化しました。当社従来品から体積比で約70%の小型化を実現しています。スマートフォンや携帯電話、ポータブルミュージックプレーヤなどの小型携帯機器において、0402サイズへのコンデンサのダウンサイジングを促進します。

世界初、2012サイズ積層セラミックコンデンサで100μF商品化(2010年)

世界初、2012サイズ積層セラミックコンデンサで100μF商品化(2010年)

2012(2.0x1.25x1.25mm) サイズ積層セラミックコンデンサで100μFの静電容量を業界に先駆けて達成し、商品化しました。当社従来品である3216(3.2x1.6x1.6mm) サイズに比べ、静電容量などの特性を維持しながら体積で約62%の小型化を実現しました。高性能化、多機能化がすすむとともに小型化が求められるスマートフォンなどの高機能携帯電話やノートパソコン等に向けた商品です。

積層セラミックコンデンサで世界初となる静電容量220μFを商品化(2011年)

積層セラミックコンデンサで世界初となる静電容量220μFを商品化(2011年)

積層セラミックコンデンサで世界初となる静電容量220μFを実現した3216(3.2x1.6x1.6mm)サイズ、3225(3.2x2.5x2.5mm)サイズを商品化しました。
主にスマートフォン、タブレットPC、ノートPCなど高性能デジタル機器向けで、当社従来品と比較して2倍以上の静電容量を実現しました。

世界初、積層セラミックコンデンサで330μFを商品化(2013年)

世界初、積層セラミックコンデンサで330μFを商品化(2013年)

3225 (3.2x2.5x2.5mm)サイズで、静電容量330μFの積層セラミックコンデンサを世界で初めて商品化しました。
当社従来品と比較して静電容量を50%向上させたもので、パソコンやサーバ、複合プリンタといった情報関連機器などに向けた商品です。

積層タイプのメタル系パワーインダクタを世界で初めて商品化(2013年)

積層タイプのメタル系パワーインダクタを世界で初めて商品化(2013年)

金属系磁性材料を使用したパワーインダクタとして世界初となる積層タイプのメタル積層チップパワーインダクタを開発し、商品化しました。
積層タイプは小型・薄型が特徴で、スマートフォンやウエアラブル端末など小型モバイル機器の電源回路向けチョークコイル用途に最適な商品です。

積層セラミックコンデンサで世界初となる静電容量470μFを商品化(2014年)

積層セラミックコンデンサで世界初となる静電容量470μFを商品化(2014年)

4532(4.5x3.2x2.7mm)サイズ、静電容量470μFの積層セラミックコンデンサを世界で始めて商品化しました。
材料技術、シート薄膜技術、積層技術を高度化し、1200層以上の多積層を可能とすることで、470μFもの大容量化を実現しました。

世界初、0201 サイズ積層セラミックコンデンサで0.022μFを商品化(2015年)

世界初、0201 サイズ積層セラミックコンデンサで0.022μFを商品化(2015年)

0201サイズ(0.25x0.125x0.125mm)積層セラミックコンデンサで世界初となる静電容量0.022μFを実現しました。
スマートフォンやウエアラブル端末など小型・薄型化が求められる機器に向けた商品で、静電容量を当社従来品から2.2倍高めています。

環境のために

太陽誘電グループの環境目標と実績

太陽誘電グループの環境目標と実績

環境活動

太陽誘電グループでは、植林や森林整備などの地球緑化活動に取り組むとともに、美化活動を通じて美しい自然や美しい街づくりに取り組んでいます。

太陽誘電の拠点が数多くある群馬県において、群馬県地球温暖化防止条例に基づき、2007年から森林整備活動をしています。太陽誘電が整備を担当している「太陽の森」(高崎市)において下草刈りと間伐作業等を行っています。

森林整備ボランティア
森林整備ボランティア
マングローブの植林
マングローブの植林
近隣地域の清掃
近隣地域の清掃

スポーツ・文化活動

スポーツ活動

スポーツ活動

1984年創立の女子ソフトボール部(ソルフィーユ/SOLFILLE)は1987年以降29年間にわたり1部リーグに在籍し、リーグ優勝6回、準優勝4回を達成した強豪チームです。
これからもさらなるチームの飛躍とともに、ソフトボールを通じた社会貢献やソフトボール界の発展のために活動を続けていきます。

チーム名の由来・・・ “ソル(SOL)”は“太陽”を表し、“フィーユ(FILLE)”は“女の子”を表します。

文化活動

文化活動

小中学生を対象にしたものづくり教室を2008年より開催しています。2017年度は群馬県高崎市内の2カ所で計3回開催し、子どもたちと一緒に「光センサー・おちないロボ」を製作しました。

群馬県で開催される高崎まつり、玉村町ふるさとまつり、伊勢町祇園祭、榛名ふるさと祭りに、毎年「太陽誘電みこし」を出し参加しています。