太陽誘電はどんな会社?

身のまわりで活躍する太陽誘電の商品

太陽誘電は、皆様の身近にある各種電子機器に使用されるコンデンサ、インダクタ、モジュール、モバイル通信用デバイス(FBAR/SAW)など電子部品の開発製造を通じて、より豊かな生活を作り出す手助けをしています。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

太陽誘電の商品と売上構成比率

用途分野別売上構成比(2016年3月期)

用率途分野別売上構成比
  • デジタルカメラ デジタルカメラ
  • ゲーム機 ゲーム機
  • 薄型TV 薄型TV
  • パソコン、タブレットPC パソコン、タブレット端末
  • 携帯電話、スマートフォン 携帯電話、スマートフォン
  • 自動車 自動車・産機

【民生機器】

15%

薄型TVの高画質化や省電力化、デジタルカメラの小型化や高精細な画像処理、据置型ゲーム機や携帯ゲーム機の高速処理や通信機能など、民生機器の高機能化に太陽誘電の商品が貢献しています。

搭載商品
積層セラミックコンデンサ、パワーインダクタ、フェライトチップビーズ、電源モジュール、無線モジュール、
モバイル通信用デバイス(FBAR/SAW)、チップアンテナ、積層フィルタ

【情報機器】

15%

ノートパソコンやタブレット端末の小型化、軽量化、高機能化に小型大容量の積層セラミックコデンサが使われています。

搭載商品
積層セラミックコンデンサ、インダクタ、電源モジュール、無線モジュール、モバイル通信用デバイス(FBAR/SAW)、
チップアンテナ、積層フィルタ

【通信機器】

46%

スマートフォンでは、0402(0.4x0.2x0.2mm)サイズなどの超小型な積層セラミックコンデンサが数百個レベルで搭載され、また小型大電流を可能としたメタル系パワーインダクタ「MCOILTM(エムコイル)」も拡大しています。多バンド化している通信部分では、モバイル通信用デバイス(FBAR/SAW)が活躍しています。

搭載商品
積層セラミックコンデンサ、インダクタ、電源モジュール、無線モジュール、モバイル通信用デバイス(FBAR/SAW)、
チップアンテナ、積層フィルタ

【自動車・産業機器】

23%

加速度的に電子化が進展している自動車電装や産業機器に向けて、耐高温・長寿命・高品質を満たした高信頼性商品が増加しています。

搭載商品
積層セラミックコンデンサ、インダクタ、電源モジュール、無線モジュール、モバイル通信用デバイス(FBAR/SAW)、
チップアンテナ、積層フィルタ

【部品その他】

1%

注力すべき市場における展開

比較的需要の安定した自動車電装、産業機器、医療・ヘルスケア、環境・エネルギー市場において、電子化が加速しています。こうした高信頼性が求められる市場に対し、耐高温・長寿命・高品質を満たす商品のラインアップ拡充を目指すとともに、デザイン・イン活動の推進等を通じた販路拡大を図っています。
注力すべき市場向けの売上高構成比は、2016年3月期の23%から、中期的に30%にすることを目標としています。

商品別売上構成比率(2016年3月期)

製品別売上構成比率
  • デジタルカメラ デジタルカメラ
  • ゲーム機 ゲーム機
  • 薄型TV 薄型TV
  • パソコン、タブレットPC パソコン、タブレット端末
  • 携帯電話、スマートフォン 携帯電話、スマートフォン
  • 自動車 自動車・産機

このマークがついているアイコンは、特に比率の高い用途です。

【コンデンサ】

52%

コンデンサは、携帯電話やスマートフォン、パソコンやタブレット端末、デジタルカメラなどのデジタル機器において、電気を一時的に蓄えたり、ノイズを誘導して除去する目的で搭載されます。太陽誘電の得意とする超小型、超低背、大容量の積層セラミックコンデンサは、最先端の小型・薄型デジタル機器に最適で数多く搭載されています。

主力商品
積層セラミックコンデンサ

【フェライト及び応用製品】

19%

フェライトおよび応用製品に含まれる主要な商品は、インダクタと呼ばれる電子部品です。用途は主に2つあり、直流電流を通し、交流電流を通さないという性質を利用したノイズ対策部品としての役割と、電気を磁力という形で蓄える性質を利用したチョークコイルと呼ばれる電子部品の役割で使用されています。

主力商品
巻線チップインダクタ、積層チップインダクタ、フェライトチップビーズ、コモンモードチョークコイル

【複合デバイス】

24%

複合デバイスに含まれる商品は、モバイル通信用デバイス(FBAR/SAW)や、液晶TVのバックライト用インバータモジュールなどです。モバイル通信用デバイス(FBAR/SAW)は無線通信機器に使用され、高速なデータ通信や高品質な通話を実現する目的で搭載が進んでいます。また、バックライト用などの電源モジュールは高効率・低消費電力で、さらに省エネにも対応したモジュールを生産しています。

主力商品
モバイル通信用デバイス(FBAR/SAW)、各種電源モジュール、高周波モジュール、
銅コアを有する部品内蔵配線板EOMIN®

【その他】

5%

スーパーハイエンド商品の展開

当社の高い技術力を駆使して他社に先駆けて量産化した商品をスーパーハイエンド商品と位置付けています。スーパーハイエンド商品を成長市場および注力すべき市場で着実に展開していくことが、これからの当社の成長には欠かせません。
スーパーハイエンド商品の売上高構成比は、2016年3月期の46%から、中期的に50%にすることを目指しています。

スーパーハイエンド商品の要件

  1. ワールドワイドでナンバー1が期待できる商品
  2. 業界で2.5社しか展開できない商品
  3. 成長市場向けの商品
  4. 顧客が求める強い商品力を持った商品

太陽誘電の事業展開

売上高・営業利益推移

売上高・営業利益推移

近年の主な取り組み

スマートフォンなどの通信機器では、機器の小型・薄型化、高機能・高性能化に伴い、小型・薄型で特性の良い最先端の電子部品が数多く求められています。また、電装化が進む自動車や産業機器、ヘルスケア、環境・エネルギー市場においても、電子部品の需要が拡大し、いままで以上に高い品質、高い信頼性が求められています。
当社はこのような市場に対して、機器の小型・薄型化、高機能・高性能化に寄与する競争優位性の高いスーパーハイエンド商品をいち早く開発していきます。自動車電装や産業機器、ヘルスケア、環境・エネルギー市場を注力すべき市場と位置付け、高信頼性商品の販売推進、システムソリューション提案の強化、商流の拡大と多角化に努めています。さらに、旺盛な需要に応えるため、国内外の生産能力を増強し販売拡大につなげていきます。また、高効率生産に努め、海外生産拠点の最大活用を図ることで、コスト低減や為替変動影響を受けにくい体制を整えていきます。
当社は、経済価値を高めていくと同時に、利害関係者からの要求や期待に応え社会的責任を果たすことで社会価値を高めていきたいと考えています。製品の安全・品質に加え、労働・人権、安全衛生、環境、倫理といった取り組みにおいても責任をもち活動しています。