TAIYO YUDEN

役員報酬方針

決定方針

  1. 業績および中長期的な企業価値との連動を重視した報酬とし、株主との価値を共有します。
  2. グローバルな競争力のある優秀な人材を確保・維持できる報酬水準とします。
  3. 説明責任の果たせる透明性、公正性を重視した報酬とします。

役員報酬の決定プロセスおよび内容

役員報酬に関する決定プロセスの透明性、公正性を確保するために、取締役会の諮問機関として報酬委員会を設置しております。報酬委員会は、社長、社外取締役および監査役1名で構成され、審議の客観性を確保するため、委員長は独立社外取締役が務め、役員報酬の方針、制度、算定方式、個人別の報酬内容等について審議、答申を行っております。なお、報酬の具体的決定につきましては、株主総会でご承認をいただいた報酬枠の範囲内で、当社の定める規定に基づいて金額を算出し、報酬委員会での審議、答申後、取締役の報酬は取締役会で審議され、監査役の報酬は監査役会で協議されます。

役職別の報酬構成

業務執行取締役
  • 業務執行を通じた業績達成を求められることから、「基本報酬」の他、「業績連動賞与」、「株式報酬型ストックオプション」で構成しております。
  • 「業績連動賞与」において目標を達成した場合は、基本報酬40%、業績連動賞与40%、株式報酬20%の報酬構成比となります。
社外取締役 独立性の観点から業績連動型報酬は支給せず、「基本報酬」のみを支給しております。
監査役 順法監査を行う立場であることを鑑み、「基本報酬」のみを支給しております。

報酬体系

報酬等の種類 報酬項目 報酬等の内容 給付の形式
基本報酬 固定報酬
  • 経済情勢、当社の成長力等を考慮した報酬水準とします。
  • 役割責任に応じた固定報酬として支給します。
金銭
業績連動賞与 業績連動報酬 (単年度)
  • 年度毎の全社業績達成への責務から、企業価値・株主価値向上に対する要素をより明確に報酬に連動させるため、連結純利益額を指標としています。
  • 親会社株主に帰属する当期純利益ゼロ円から中期経営計画の目標値までにおいて、年度毎の業績に応じて算出される役位毎の賞与額を決定します。
  • 担当組織の業績評価および個人の戦略的行動評価を行い、役位毎の賞与額に評価係数を掛けることで、事業戦略遂行の動機付けを強化しています。
金銭
株式報酬型ストックオプション 株式報酬 (中長期)
  • 株主との価値共有および取締役の株価への意識付けによる、中長期の企業価値向上に対するインセンティブとして導入しています。
  • 役位毎に定められた新株予約権を付与します。
株式 (新株予約権)