TAIYO YUDEN

パフォーマンス

「事業活動と環境の関係」ページで示しました環境負荷の2020年度の取り組み内容と実績を報告します。
報告対象は、太陽誘電株式会社(6サイト)および国内・海外の連結子会社を対象としています。

コンプライアンス、監視結果

2020年度のコンプライアンスおよび監視結果を各拠点別に報告します。

サイト別データ

GHG、エネルギー

事業活動を通じて排出している温室効果ガス(GHG)には、エネルギー使用による直接排出(SCOPE1)、エネルギー使用による間接排出(SCOPE2)、エネルギー使用以外の間接排出(SCOPE3)があります。
GHG排出量は測定できないため、エネルギー使用量の管理および削減に取り組んでいます。

GHG/エネルギー削減の取組み成果

2020年度のGHG排出量は、グループ全体で2019年度から52千t-CO2e増加しました。内訳では、国内拠点が2019年度の200千t-CO2eから227千t-CO2eに増加、海外拠点は2019年度の232千t-CO2eから257千t-CO2eに増加となっています(G1参照)。
エネルギー使用量は、グループ全体で2019年度から25千kL増加しました。内訳では、国内拠点が2019年度の102千kLから117千kLに増加、海外拠点は2019年度の128千kLから138千kLに増加となっています(G2参照)。
使用しているエネルギーの内訳は、SCOPE2が91%、SCOPE1が9%となっています(G3参照)。
環境中期目標のエネルギー使用量原単位は、2016-2020年度平均で22.4%向上しています(G4参照)。
今後も引き続き、主力製品を中心に生産工程を見直し、より一層生産効率を向上させ、エネルギー使用量を削減していきます。

  • GHGは換算係数の変化による影響が大きいため、取組み成果が見えるエネルギー使用量(原油換算)で環境中期目標を設定しています。
  • 換算係数は、[電力]日本:環境省により公表される係数、海外:国際エネルギー機関(IEA)により提供される係数、[燃料]日本/海外:GHGプロトコルにより公表される係数を使用し算出しています。
  • GHG排出量は、電気換算係数の見直しを行い過去分を修正しました。
  • 2020年度より、連結子会社となったエルナー4社の実績を含めています。

G1:GHG排出量(エネルギー使用量から算出)

G2:エネルギー使用量(原油換算)

G3:使用エネルギーの内訳(原油換算)

G4:エネルギー使用量原単位(目標に対する実績)

エネルギー使用以外の間接排出(SCOPE3)の取組み

近年、ステークホルダーからSCOPE1、SCOPE2に加え、SCOPE3の情報開示を求める動きが高まってきています。このような要求に基づき、SCOPE3の把握に努めています。

廃棄物、水

生物多様性への影響低減、自然との共生を目指し、
廃棄物および水資源の3R(Reduce、Reuse、Recycle)に取り組んでいます。

廃棄物の取組み成果

2020年度のグループ全体の廃棄物発生量は、2019年度の24.0千tから25.6千tに増加しました。廃棄物発生量の増加は、生産数の増加などが要因です(G1参照)。
廃棄物(有価物含む)の内訳は、廃プラスチック類、廃油、汚泥が大部分を占めています(G2参照)。
国内最終処分量は、2019年度の0tから0.038千tになり、環境中期目標の廃棄物リサイクル率は99.6%になりました(G3参照)。
海外最終処分量は、2019年度の2.0千tから2.2千tに増加しました(G4参照)。
環境中期目標の廃棄物発生量原単位は2016-2020年度平均で11.8%向上(G5参照)、廃棄物最終処分量原単位は2016-2020年度平均で37.3%向上(G6参照)しています。
引き続き廃棄物発生量を削減し、廃棄物の社内リサイクル率を高めるとともに、海外拠点における再資源化を強化していきます。

※2020年度より、連結子会社となったエルナー4社の実績を含めています。

G1:廃棄物発生量

G2:廃棄物の内訳

廃棄物の定義:一般廃棄物、産業廃棄物、有価物

G3:国内最終処分量とリサイクル率

G4:海外最終処分量とリサイクル率

G5:廃棄物発生量原単位(目標に対する実績)

G6:廃棄物最終処分量原単位(目標に対する実績)

資源循環利用の取組み

事業活動で排出した廃棄物は99.9%がリサイクルされ、社会の中で資源として再利用されていますが、太陽誘電グループの事業活動で再び利用する取組みも推進しています。
事業活動で使用している溶剤で最も使用量の大きいA溶剤は、廃溶剤のリサイクルを行い、再生溶剤が使用量の24%を占めています。
また、電子部品の梱包として使用するリールは、厳しい品質チェックを行い、リユースしたリールを9%使用しています。

水資源の取組み成果

2020年度のグループ全体の水使用量は、2019年度の4,249千m3から4,149千m3に減少しました。内訳では、国内拠点が2019年度の1,710千m3から1,634千m3に減少、海外拠点が2019年度の2,539千m3から2,515千m3に減少となっています(G7参照)。
環境中期目標の水使用量原単位は、2016-2020年度平均で27.3%向上しています(G8参照)。
水のリサイクル量は276千m3でした。

  • 2020年度より、連結子会社となったエルナー4社の実績を含めています。

G7:水使用量

G8:水使用量原単位(目標に対する実績)

環境の取組み

GHG排出量削減

熱処理炉の使用台数見直しによるエネルギー削減 [中之条工場]

熱処理炉は、稼働中に多くのエネルギーを消費する設備です。中之条工場では、製品の加熱処理のため熱処理炉を使用していますが、熱処理炉への製品投入条件を最適化し、生産効率を向上させることで炉の使用台数を削減できました。
削減したGHGは168t-CO2e/年でした。
熱処理炉

ポンプの省エネ化によるエネルギー削減 [福島太陽誘電・太陽誘電モバイルテクノロジー]

福島太陽誘電では、冷水を送るポンプのモーターを省エネ性能の高いものに入替え、さらにインバータによる制御へ変更しました。太陽誘電モバイルテクノロジーでは、水封式真空ポンプをインバータ搭載のドライ真空ポンプに更新しました。これらの改善により使用する電力を削減できました。
削減したGHGは88t-CO2e/年でした。
冷水ポンプのインバータ
ドライ真空ポンプ

気候変動への対応

気候変動への対応として再生可能エネルギーの利用を進めています。現在6拠点で太陽光パネルを設置して発電を行っています。2020年度は3,674MWhを発電することでスコープ2のGHG排出量1,849t-CO2e/年を削減しました。

本郷太陽光発電所
太陽誘電モバイルテクノロジー
福島太陽誘電
和歌山太陽誘電
エルナー
太陽誘電(フィリピン)

廃棄物排出量削減

溶剤リサイクルによる廃棄物削減 [太陽誘電(フィリピン)]

これまで生産で使用した溶剤は廃棄物として処理していましたが、溶剤再生装置により汚れを除去することで溶剤をリサイクルする取組みを始めました。リサイクルした溶剤は、設備や工具などの清掃・洗浄に有効利用しています。
削減した溶剤廃棄物の排出量は54t/年でした。
溶剤再生装置

水使用量削減

めっき工程の節水 [太陽誘電ケミカルテクノロジー]

めっき工程では様々なプロセスで水を使用しています。めっき槽へ製品を投入する際に使用する水の給水方法を変更することで、水の使用量を削減できました。
削減した水は720t/年でした。

生物多様性の取組み

マングローブの植林 [TAIYO YUDEN (PHILIPPINES)]

2008年度よりTAIYO YUDEN (PHILIPPINES) があるマクタン島に近いオランゴ島で、マングローブの苗を植えています。

森林整備ボランティア [太陽誘電]

2007年度より群馬県主催の企業参加の森林づくりに参画し、毎年同じ森で継続的に森林整備ボランティア活動を行っています。この森を「太陽の森」と名付け、県の職員の方々と協同で下草刈りや間伐作業を行っています。

外来生物(アメリカザリガニ)の駆除 [新潟太陽誘電]

アメリカザリガニは水生生物や水草など、日本の在来生物に影響を与えるため生態系被害防止外来種に指定されています。新潟太陽誘電では、生物多様性保全活動の一環として毎年従業員と家族で駆除しています。また外来植物(ヒメジョオンなど)の駆除も行っています。