TAIYO YUDEN

事業活動と環境の関係

事業活動による環境影響

 

太陽誘電グループは、主に電子部品を生産し、顧客であるセットメーカーへ納入しています。電子部品のライフサイクルにおける環境負荷を考えると、使用時は小さく、生産時の環境負荷が大きいといえます。

ライフサイクルにより、環境に与える負荷と私たちが取り組みしている環境活動を、生物多様性/気候変動/資源利用/大気・廃棄物/水源・河川・周辺地域の分類別に整理しました。

2018年度マテリアルバランス

 

生産工程から発生する主な環境影響はエネルギー使用や水使用、製造にともなって生じる排気(CO2を含む)、廃水、廃棄物などです。太陽誘電グループは、こうした環境影響を細かく把握・分析するとともに、投入する資源の極小化やプロセス改善による省エネルギー・省資源など、様々な施策を講じて環境影響の改善に努めています。また、太陽誘電グループの製品は電気・電子機器や自動車などに使用されているため、それらの商品の寿命が尽きた時点で廃棄物となります。そこで製品中の有害物質の除去についても対応を図っています。

2018年度マテリアルバランス