TAIYO YUDEN

リスクマネジメント

太陽誘電グループでは、予想される安全衛生および環境のリスクを毎年抽出してリスク評価を行い、リスクの発生を防止するための対策を実施しています。その中で火災・爆発事故、化学物質の流出・汚染は、事業活動への影響のみならず、ステークホルダーへの影響にもつながるため、重大なリスクとして捉えています。

化学物質の適正管理

化学物質による環境汚染や人体への影響を未然に防ぐため、禁止物質を使用しないことはもちろん、化学物質の管理・排出削減に取り組んでいます。

化学物質管理体制

太陽誘電グループでは、独自の「グループ化学物質管理基準」を定めています。この中で禁止、限定、管理すべき化学物質を定めています。化学物質管理を強化するため、化学物質管理体制を確立し、各担当とその役割を明確化しています。

対象化学物質

禁止物質 カドミウムおよびその化合物、水銀およびその化合物、六価クロム化合物 など
限定物質 セラミック・ガラスフリット中の鉛、圧電体中の鉛、テトラブロモビスフェノールA(TBBPA)、
多環式芳香族炭化水素(PAHs) など
管理物質 トルエン、REACH SVHC(高懸念物質)、キシレン など

PRTR法への対応

太陽誘電グループは、化学物質が有する環境リスクを低減するため、化学物質の環境媒体(大気、水域、土壌)への排出量および廃棄化学物質の移動量・リサイクル量を行政へ報告しています。行政では化学物質の排出・移動量の目録やデータベースを公表しており、広く一般に役立てられています。

PRTR対象化学物質

※ 対象化学物質はPRTR法に準拠し、取扱量1t以上を掲載しています。
排出量:大気、水域、土壌への排出量合計です。 移動量:当該事業所外の産業廃棄物業者へ処分を委ねる量です。

オゾン層破壊物質

生産プロセスにおいてオゾン層破壊物質は使用していません。
空調機などの冷媒としてHCFCを使用していますが、適正に回収・処理しています。

緊急事態への準備

突発的な事故・災害を想定して、早期発見・早期対応、予防・緩和を目的として定期的な訓練を実施しています。訓練では手順が適切であるか確認を行い、継続的に改善を行っています。以下は2018年に実施した訓練の事例です。

消防訓練

榛名工場
初期消火競技会の消火器の部に参加し、日頃の訓練通りに成果を発揮しました。(2018年10月)
八幡原工場/太陽誘電テクノソリューションズ
屋外消火栓を使用した放水訓練を実施しました。(2018年5月)
太陽誘電(天津)
粉末消火器を使用した初期消火訓練を実施しました。(2018年11月)

化学物質漏えい時の緊急事態訓練

R&Dセンター
化学物質が側溝に漏えいしたことを想定し、側溝の遮断・回収訓練を実施しました。(2019年3月)
太陽誘電モバイルテクノロジー
めっき排水回収時に漏えいしたことを想定し、回収訓練を実施しました。(2018年6月)
TAIYO YUDEN (SARAWAK)
化学物質を運搬中に漏えいしたことを想定し、拡散防止の訓練を実施しました。(2018年8月)

避難・救急訓練

中之条工場
消防署の指導による救急救命講習を実施しました。心肺蘇生法とAEDの使い方を学びました。(2018年5月)
福島太陽誘電
夜間の火災発生時に速やかに避難できるよう、夜間の避難訓練を実施しました。(2018年9月)
TAIYO YUDEN (PHILIPPINES)
負傷者の応急処置と搬送訓練を実施しました。(2018年11月)

土壌汚染処置

環境省発行の「土壌・地下水汚染に係る調査・対策指針」に従った自主的な土壌汚染調査および対策は、2003年度までに完了しました。2018年度の調査実績はありません。

環境事故

周辺の環境に影響を与える事故は発生していません。