Component Library for Microwave Office & APLAC (2016.05 Ver.2.2)

Microwave Officeは、線形回路解析、非線形回路解析、電磁場解析、レイアウト設計、歩留まり解析、デザインルールチェックを有したパラメトリックセルライブラリなど、高周波回路設計に必要な機能を全て含んだシミュレータです。この度、弊社ではコンデンサ、インダクタ、フェライトビーズ等のSパラメータ、等価回路を収録したMicrowave Office 用コンポーネントライブラリを開発いたしました。御社の回路設計に御活用ください。

更新履歴

Component Library for Microwave Office & APLAC の現在のVersionは、2.2です。(AW_TY22.zip)

  • 2016/05/31
    2016年度カタログに対応しました。新しい部品群を追加しました。追加の詳細は こちら をご参照下さい。
  • 2015/06/04
    2015年度カタログに対応しました。
  • 2014/07/01
    2014年度カタログに対応しました。
  • 2013/07/08
    2013年度カタログに対応しました。
  • 2012/07/31
    2012年度カタログに対応しました。
  • 2011/07/29
    2011年度カタログに対応しました。
  • 2009/10/02
    2010年度カタログに対応しました。
  • 2009/04/15
    2009年度カタログに対応しました。
  • 2008/01/31
    2008年度カタログに対応しました。
  • 2006/01/30
    バンドパスフィルタのDescriptionを修正しました。
  • 2006/01/23
    2006年度カタログに対応しました。
  • 2005/06/29
    高周波用インダクタHKQシリーズのデータを追加しました。
  • 2004/12/22
    2005年度カタログに対応しました。
  • 2004/01/09
    Ver1.0の配布を開始しました。