役員報酬方針

決定方針

取締役の報酬等は、業績に連動したインセンティブ重視の報酬体系となるよう設計し、適正な評価を行うことにより、業績向上に資することを目的としています。なお、社外取締役および監査役については、「月額報酬」のみの支給としています。
報酬水準については、同業他社や経済・社会情勢等を踏まえた上での適正性を重視しています。
また、報酬等の決定プロセスの「透明性・公平性」を確保するために、社外取締役が議長となり、役員報酬制度や個人別の報酬内容等について審議、答申するための報酬委員会を設置しています。

方針内容

取締役の報酬等は、「月額報酬」、「取締役賞与金」、「ストック・オプション報酬」で構成しています。なお、報酬の具体的決定につきましては、以下のとおり社内規定に基づいて金額が算出され、報酬委員会で審議後、取締役会で決定されます。

月額報酬 役割と責任に基づいて、取締役の職位ごとに社内規定で定められています。
取締役賞与金 業績連動型報酬として、毎期の連結業績から社内規定に基づいて金額が算定され、これを支給対象取締役人数等を勘案して調整します。
ストック・オプション報酬 中長期の企業価値向上に対するインセンティブとして、株式報酬型ストック・オプションを導入しています。取締役(社外取締役は除く)に対して、社内規定で職位別に定められた付与株式数を付与します。