TAIYO YUDEN

社員紹介

経営企画本部
経理部(取材時)
2010年入社
成蹊大学
経済学部卒

大学において受講した経営分析の授業で会計に興味を持ちました。決算書の読み方をまず習い、その上で企業の経営分析を行いレポートにまとめるという授業でしたが、その授業において規模、業態に関わらず企業の財政、経営状態を一つの形式にまとめる会計の仕組みに興味を持ちました。また、こつこつと勉強していくのが苦ではなかったので、将来はゼネラリストではなく特定の分野のスペシャリストになりたいという気持ちもありました。太陽誘電では職種別採用を実施していたこと、また地元である群馬の企業であったこともあり、専門性を磨きつつ地元へも貢献できるとの思いがあり入社を決めました。

仕事内容は?

企業の信用を落とさないよう、緊張感を持って業務に取り組んでいます。

経理の業務は、帳簿の記帳、決算書の作成、固定資産の管理、税金申告など業務範囲が多岐にわたります。太陽誘電では業務の細分化が進んでいて、私は主に決算書の作成を担当しています。現在の仕事の面白さは、決算書の作成を通して会社全体を俯瞰できることだと思います。会社の様々な部署の現状や今後の展望などを収益や費用のデータから読み取ることができるのがこの仕事ならではの魅力だと思います。一方、外部に公表される決算書の数字に間違えがあれば企業の信用に関わります。そのため、会計処理を間違えることがないように経理全般に関する知識を日々深めることが大切となります。また、間違えてはいけないという緊張感があるからこそ成果物が無事に公表された時の達成感があります。

太陽誘電の魅力とは?

仕事とプライベートにメリハリがある職場です。

賑やかな部署もあれば静かな部署があるように部署ごとにカラーがあります。私の部署はどちらかというと静かな方だと思います。業務としてデータの集計や加工、資料作成などパソコンでの作業が多いため黙々と作業を行う人が多いです。静かな環境の良い点として作業に集中ができ時間を自分の裁量で使えるため計画通り仕事を進めることができます。ただ、職場の環境が静かだから同僚の仲が悪いというわけではなく、飲み会ではいつも賑やかな席となります。仕事とプライベートにメリハリがある職場だと思います。

休日の過ごし方は?

月曜から気持ちよく働くため元気と糖分を補強しています。

休日はスイーツを食べることを目的に、旅行に行ったり外出することがほとんどです。普段仕事で使っている糖分を休日に補います。特にチョコレートが好きで、バレンタインの時期には有名デパートで行われるチョコレートの祭典に行き、普段買えない高級チョコレートをたくさん買ったりします。
旅行に行く時は、現地のご当地スイーツを食べてくるのが楽しみです。こうして休日を好きなことに使うことでストレスを発散し、かつ糖分を補強することで、月曜日から気持ちよく仕事を始めています。

ソフトクリームも好きです。北海道にて。

太陽誘電を志望される皆さんへメッセージ

就職活動は、自分を成長させる良い機会だと思います。様々な企業を訪問し、いろいろな人たちに話しを聞くことにより自分の足で情報を集めていく必要があります。また、自己分析を通して仕事をする上で何を実現したいのかを明確にし、それらを面接の場で相手に伝わるように説明する必要があります。これらの就職活動を通して得られる経験は、社会人になってから大いに役立つと思います。辛いことも多いですが、就職活動は成長できる良い機会だと捉え、ポジティブな気持ちで向き合ってください。

ある日のスケジュール

8:45 出社
9:00 メールチェック、予定の確認
9:30 部内会議
12:00 昼食
13:00 仕訳確認
15:00 資料作成
17:10 メールチェック
17:40 退社